<交感神経

自律神経は交感神経と副交感神経の2つに分けられ、両方の神経が全身の器官の恒常性を保つように制御している。これを拮抗作用と呼び、例えば心拍の場合、交感神経は心拍を促進するのが役割。大まかに言うと交感神経は緊張や興奮、危険や恐怖に呼応し、日中の活動時や運動時、ストレス下で優位となる。いわば交感神経が「主」、副交感神経が「従」であり、トータルパワーのうち交感神経で余った分が副交感神経に割り当てられる。

交感神経の記事一覧

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan