背中を広く厚くするなら、ロウイングがおすすめ。
血糖値を安定させるためにやりたいこと。
筋トレの効果を高めるなら、この3つのサプリ!
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
どうしてステロイドを使ってはいけない?
「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
  • 公開:

山椒しらすのきつねピザ|副交感神経を活性化するハーブ&スパイス

山椒しらすのきつねピザ

現代は交感神経優位時代。うっかり交感神経優位を続けないためには、生活習慣を見直す一環として、食事でも副交感神経活性化にトライしたい。活用すべきはハーブやスパイスだ。小腹が空いたときの間食や、おつまみにも取り入れれば香りでリラックスでき、自律神経の切り替えをサポートしてくれる。今回は、副交感神経を高める香り成分を含む「山椒しらすのきつねピザのレシピ」を紹介。

教えてくれた人 石松佑梨さん

石松佑梨さん

教えてくれた人

いしまつ・ゆり/ウェルネスコンサルタント、管理栄養士。アスリートの専属管理栄養士経験を活かして発信。著書に『過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー』。

山椒しらすのきつねピザ

山椒しらすのきつねピザ

山椒の芳しく爽やかな香りを取り入れるなら、若い新芽の木の芽がおすすめ。手に入らない時季は、山椒粉をひと振り。

今回使用するハーブ&スパイス

【山椒】

山椒

山椒の辛みは交感神経を刺激するが、葉の香り成分リナロール、実の香り成分α-ピネンやリモネンは副交感神経を高める。少量で主に香りを楽しもう。

材料(1人分)

  • 油揚げ…1枚
  • 醬油…小さじ1/4
  • しらす…15g
  • ピザ用チーズ…20g
  • 木の芽(山椒粉でも)…適量

作り方

  1. 油揚げに醬油を薄く塗る。
  2. 1にしらす、チーズを順に乗せ、オーブントースターで5分ほど、こんがり焼き目がつくまで焼く。
  3. 食べやすい大きさにカットして器に盛る。木の芽を散らす。
なぜハーブ&スパイスが副交感神経を活性化?

ハーブやスパイスの持つ香りや色、苦み、辛みなどは、植物が外敵から自らを守るために作り出す成分。人間に有益な役割を果たすものもある。たとえば香りの成分α-ピネンは針葉樹にも含まれていて、森林浴をすると心身が癒やされるのは、α-ピネンをはじめ、さまざまな植物由来の芳香物質の恩恵と言われている。

さらにハーブやスパイスの香りには消化促進効果があるものも。食事を摂ると消化吸収機能が促され、副交感神経が活性化。つまり、ハーブやスパイスを料理に取り入れれば香りでリラックスでき、消化も促されて副交感神経をより効率的に活性化できる

取材・文/小沢緑子 撮影/大嶋千尋 スタイリスト/矢口紀子 取材協力・料理製作・栄養監修/石松佑梨(ウェルネスコンサルタント、管理栄養士)

初出『Tarzan』No.858・2023年6月8日発売

Share

関連記事:

Share