副交感神経を優位に。就寝前の10習慣。
ジムで徹底的に美尻を磨き上げる。
はじめてHIITをするなら【初級編】を!
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
走ることが疲労回復につながる理由と気をつけるべきこと。
鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
  • 公開:

ローズマリーパインクリチ|副交感神経を活性化するハーブ&スパイス

ローズマリーパインクリチ

現代は交感神経優位時代。うっかり交感神経優位を続けないためには、生活習慣を見直す一環として、食事でも副交感神経活性化にトライしたい。活用すべきはハーブやスパイスだ。小腹が空いたときの間食や、おつまみにも取り入れれば香りでリラックスでき、自律神経の切り替えをサポートしてくれる。今回は、緊張緩和に有効なローズマリーを使用した「ローズマリーパインクリチのレシピ」を紹介。

教えてくれた人 石松佑梨さん

石松佑梨さん

教えてくれた人

いしまつ・ゆり/ウェルネスコンサルタント、管理栄養士。アスリートの専属管理栄養士経験を活かして発信。著書に『過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー』。

ローズマリーパインクリチ

ローズマリーパインクリチ

肉や魚に使いがちなローズマリーだが、クリームチーズに混ぜると新鮮。一緒に混ぜたパイナップルの酸味も爽やか。

今回使用するハーブ

【ローズマリー】

ローズマリー

ロスマリン酸などのポリフェノールを含み、抗酸化力はハーブNo.1。スッキリとした強い香りは、緊張緩和に働くシネオールα-ピネンなどによる。

材料(1人分)

  • クリームチーズ…50g
  • ローズマリー(茎は除き葉をみじん切り)…小さじ1
  • ドライパイナップル(みじん切り)…大さじ1
  • 飾り用ローズマリー…適量

作り方

  1. クリームチーズとローズマリー、ドライパイナップルをボウルで混ぜ合わせる。
  2. 1を4等分してラップで丸める。それぞれに飾り用ローズマリーを刺す。
なぜハーブ&スパイスが副交感神経を活性化?

ハーブやスパイスの持つ香りや色、苦み、辛みなどは、植物が外敵から自らを守るために作り出す成分。人間に有益な役割を果たすものもある。たとえば香りの成分α-ピネンは針葉樹にも含まれていて、森林浴をすると心身が癒やされるのは、α-ピネンをはじめ、さまざまな植物由来の芳香物質の恩恵と言われている。

さらにハーブやスパイスの香りには消化促進効果があるものも。食事を摂ると消化吸収機能が促され、副交感神経が活性化。つまり、ハーブやスパイスを料理に取り入れれば香りでリラックスでき、消化も促されて副交感神経をより効率的に活性化できる

取材・文/小沢緑子 撮影/大嶋千尋 スタイリスト/矢口紀子 取材協力・料理製作・栄養監修/石松佑梨(ウェルネスコンサルタント、管理栄養士)

初出『Tarzan』No.858・2023年6月8日発売

Share

関連記事:

Share