超シンプルHIITで食べ過ぎをリセット!
今すぐやめたい5つのデブ習慣とは。
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
「ハンドスタンド」自宅で肩が鍛えられる!
お風呂タイムを活用してカロリー消費!
走ることが疲労回復につながる理由と気をつけるべきこと。
  • 公開:

こまめなリセットで自律神経を整える。仕事の合間に「骨格コンディショニング」4種目

昼の背骨リセットコンディショニング

自律神経の大半は背骨に沿って走っている。ならば背骨を本来の状態にリセットすれば、自律神経の乱れを改善できるはず。そこで、脳神経内科医の久手堅司さんが提唱するのが「骨格コンディショニング」。今回は「昼」に行いたい骨格コンディショニングを紹介。仕事の合間に実践できる4種目で背骨を整えよう。

久手堅 司さん

久手堅司さん

教えてくれた人

くでけん・つかさ/脳神経内科医。せたがや内科・神経内科クリニック院長。医学博士。「自律神経失調症外来」「気象病・天気病外来」など複数の特殊外来を立ち上げ、不調に悩む患者に向き合う診療に定評がある。

昼の骨格コンディショニング

交感神経の働きがピークを迎える日中こそ背骨をこまめにリセットする必要がある。仕事に集中しているとき、多くの人は無意識に背中を丸めたり、骨盤を後ろに倒したり腰を反らす姿勢をとりがち。出勤から退勤するまでのほとんどの時間この状態が続けば、背骨はバリバリ、副交感神経には出番の余地がない。

そこで取り入れたいのが股関節まわりのコンディショニング。週末に時間をかけて背骨をリセットするより、そのつどこまめにリセットをかけていく方が断然効率がいい。退勤までに4つすべてをクリアするつもりで。

① 首まわりのリセット(3回繰り返し)

首まわりのリセット

左右の手を肋骨の下に添え、肋骨が開いていることをイメージ。まっすぐ前を見て、息を吸いながら首を後ろに傾ける次に息を吐きながら首を元の状態に戻す。肩の力を抜いてゆっくりと3回繰り返し。

② 胸まわりのリセット(3回繰り返し)

胸まわりのリセット

頭の後ろで左右の手を組み、肘から先をまっすぐ水平に保つ。息を吸いながら胸をしっかりと張って後ろに傾け、息を吐きながら元の位置に戻す。デスクワークで縮こまった胸を開くことで、猫背の改善にも繫がる。

③ 胸まわりのリセット(3回繰り返し)

胸まわりのリセット

両腕を肩の高さでまっすぐ前に伸ばす。息を吸いながら右手を上げ左手を下ろしたら、息を吐きながら元の姿勢に。次は左手を上げて右手を下ろす。これで1回。肩関節をダイナミックに動かすことで肩こりの解消効果も。

④ 腰まわりのリセット(3回繰り返し)

腰回りのリセット

椅子に浅く座って両脚を大きく開く。踵を床につけ爪先は上に向ける。上体をまっすぐ保ったまま前傾させる息を吸いながら上半身を左に、吐きながら右に捻る。左右1往復で1回とし、3回繰り返し。

取材・文/石飛カノ 撮影/石原敦志 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾

初出『Tarzan』No.858・2023年6月8日発売

Share

関連記事:

Share