【女性向け】6種の簡単筋トレでスタイルアップ!
自宅でメリハリ美脚を作るための最適解は?
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
腹を割るなら食事から!8つのルールを守ろう。
椅子の上でテレビを見ながら脂肪燃焼!
摂取カロリーの目安を把握しよう。
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
  • 公開:

深い洞察力が身につく。“理解系”を鍛えるトレーニング【脳番地別・脳トレ】

脳トレーニング 理解系

情報を深く理解し、考察する思考力を手に入れたい人におすすめの「理解系」を鍛える脳トレを紹介。まずはチェックシートで現状を確認し、日常で手軽にできるトレーニングを実践しよう。

脳内科医 加藤俊徳さん

加藤俊徳さん

教えてくれた人

かとう・としのり/脳内科医、医学博士。〈加藤プラチナクリニック〉院長、〈脳の学校〉代表。MRI脳画像診断の専門家で、これまで1万人以上の脳を診断・治療。長年の研究に基づき、脳番地トレーニングを提唱。

パーツ別に脳を鍛え、脳力アップを狙う

“脳力”のアップに有効なのが、脳内科医の加藤俊徳先生が提唱している「脳番地」という考え方。

脳は、無数の神経細胞が集積したもの。そのうち、同じような働きを担う神経細胞の集まりが脳番地で、①思考系、②感情系、③伝達系、④理解系、⑤運動系、⑥聴覚系、⑦視覚系、⑧記憶系という8つに分けられる。

8つの脳番地

脳番地を機能別にまとめたときの8つの系統

  1. 思考系脳番地:思考、意欲、判断力、集中力に関わる
  2. 感情系脳番地:喜怒哀楽などの感情を表現するのに関与する
  3. 伝達系脳番地:他者とのコミュニケーションの中核を担う
  4. 理解系脳番地:インプットされた情報を整理・理解する
  5. 運動系脳番地:カラダを動かすこと全般を司っている
  6. 聴覚系脳番地:耳で聞いたことを脳へと集積させる
  7. 視覚系脳番地:目で見たことを脳へと集積させる
  8. 記憶系脳番地:情報を保管し、好きなときに取り出して活用する

これらは単独で働くことは少なく、複数の脳番地の連携プレーにより、脳は仕事をしているのだ。この脳番地ごとに鍛えれば、脳力はトータルで高まる

まず、各脳番地の状態をチェックリストで確かめる。1つでもクリアできない項目があれば、その脳番地の能力がダウンしている恐れがある。それぞれの脳番地の特性に合わせたトレーニング法を日常生活に取り入れよう。

チェックリストが楽勝でオールクリアできるようになるまで、日々トレーニングを続けよう。

情報を広く深く読み解き、洞察力を発揮する“理解系”の鍛え方

脳へとインプットされる情報の大半は、視覚(目)と聴覚(耳)から入ってくる。それらの情報を、取りまとめて理解するときの主役が、理解系脳番地。おもに側頭部に広がり、情報の入力源である聴覚系脳番地を取り囲むように、かなり広いエリアを占めている。

理解系は、入ってきた情報を鵜呑みにするわけではない。他の人の発言の裏側を読んだり、小説や映画の登場人物の心情を推し量ったりする際にも、理解系が機能している。

理解系がきちんと働けば、同じ情報を何通りにも解釈できるようになり、何事もより深く豊かに洞察できる。それは、仕事でもそれ以外の人間関係にも、大いにプラスだろう。

理解系を磨くなら、いつもと違う活動に挑むことが有効

「医学生時代、私はボランティア活動で毎朝地域の清掃活動に精を出しました。いつもと違う環境で新たな情報に触れることで、理解系が鍛えられたという実感がありました」(加藤先生)

理解系の左脳側は言葉右脳側は映像や図形を把握する。左脳側は読書やクロスワードパズル、右脳側は家具のレイアウトを考えることや、図形の間違い探しなどで強化される。

まずはチェック!

  • 「最近の若い人は…」と思うことはない。
  • わからないことは、わからないままにしたくない。
  • カッとすることはほとんどない。
  • 人の立場を考えて発言できる。
  • 「聞き上手」と言われる。
  • 違う世代の人とも話ができる。
  • 地図を読むのが得意。
  • 整理整頓が得意。

→1つでもクリアできない項目があれば、以下のトレーニング法を実践!

    ① ボランティア活動に参加してみる

    ボランティア活動に参加してみる。

    会社など限られた組織にどっぷりハマると、知らないうちに入ってくる情報が固定化し、偏りも生じている。日常属している以外のコミュニティで情報を集め、理解系を賦活

    ② 図形の間違い探し、クロスワードパズルに挑む

    新聞などの図形の間違い探しやクロスワードパズルは、理解系の左脳側と右脳側をバランスよく進化させるのに、最適。間違い探しは右脳側、クロスワードパズルは左脳側に効く。

    ③ 昔読んだ本をもう一度読み返す

    昔読んだ本をもう一度読み返す

    昔読んで面白いと思った本は、記憶の片隅に残る描写や場面が必ずある。1回目と違った発見を探しながら読み返してみると、斬新な見方ができて理解系がトレーニングされる。

    ④ マンションの間取り図を見て家具レイアウトを考える

    マンションの間取り図を見て家具レイアウトを考える。

    書き言葉や話し言葉といったバーバルな情報に頼りすぎると、左脳側ばかりが使われる。ノンバーバルな情報処理を担う右脳側が衰えないよう、図形や映像にもっと触れよう

    ⑤ 自己PRを書いてみる

    就職や転職では自己PRの良し悪しが成否を分けることもある。就職、転職の予定がなくても、自己PRを書こうとすると自身への理解が深まり、理解系の良きトレーニングに

    取材・文/井上健二 イラストレーション/フジノマ

    初出『Tarzan』No.850・2023年2月9日発売

    Share

    関連記事:

    Share