骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
週2日の筋トレで腕は太くなる。
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
症状別ペアストレッチで、運動不足の体を整える。
  • 公開:

脳の【作業記憶力】を高める運動|左右あやふやプランク&クライミング

作業記憶のための運動

“脳力”は大人になった今からでも十分に鍛えられる。そこで最も有効な手段が運動。近年の研究で、運動の種類によって鍛えられる脳の部位、脳力が異なることがわかってきた。今回は「作業記憶力」を鍛えるのに効くエクササイズを紹介!

作業記憶の向上に有効なのは筋トレである

複数の情報を行ったり来たりしながら処理する脳の機能を作業記憶という

話がちょっと脱線してもきちんと本筋の話題に戻せたり、手順を考えながら流れるような動きで料理を作る。こうした作業ができるのは作業記憶がしっかりしているから。世に言うマルチタスク能力が高いということだ。

で、このマルチタスク能力を高める運動としては有酸素運動より筋トレが有効といわれている。

質の高い研究を束ねた信頼性の高いメタ解析でも、さまざまな運動を比較した結果、作業記憶への影響が優れているのは筋トレということが報告された。

そこで筋トレと腕や脚のランダムな動きを組み合わせた運動をご紹介しよう。週に3〜4回行えば、成果が表れるはず。

ココに効く!

作業記憶のための運動

作業記憶に関わっているのは人間らしい理性を司る前頭葉。話が脱線しても戻ってこられるのは、前頭葉の働きが冴えているから。

トレーニングのやり方
  • 下記で紹介する“左右の順番”を覚えてプランクとクライミングを交互に2〜3セット行う。
  • エクササイズは週3〜4回取り入れること。
  • エクササイズは4週間以上継続すること。

STEP① プランク(1分)

床にうつ伏せになり、両肘を床についてカラダを持ち上げる。肘は肩幅、両足は腰幅に開く。この姿勢を保ちながら左右の手を前方に伸ばす。右→左→右→右→左→左の順番を頭に入れて1分間繰り返し。

作業記憶のための運動 プランク

STEP② クライミング(1分)

プランクが終わったら今度は左右の膝を手前に引き寄せる運動。順番は右→左→右→右→左→左。1分間繰り返したら1分休んで再びクランチ2〜3セット行うと終盤には右左の順番があやふやに。頑張ってクリアを目指そう。

作業記憶のための運動 クライミング

取材・文/石飛カノ 撮影/山城健朗 スタイリスト/川合康太 ヘア&メイク/村田真弓 監修/久賀谷 亮(医師、医学博士) トレーニング監修/中野ジェームズ修一 参考文献/『脳を最大限に活かす 究極の運動法』(朝日新聞出版)

初出『Tarzan』No.850・2023年2月9日発売

Share

関連記事:

Share