冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
運動前後で脱水しないコツは?
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
衰え知らずのバストをつくる!
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
  • 公開:

「Tarzan Web」人気記事ランキング 2020|自宅トレ編

2020年は、自分のカラダや健康状態を見つめ直した人も多かったはず。そこで、今年1年間で『Tarzan Web』で人気だった記事をテーマ別にまとめました。今回は、誰でもお手軽に筋トレが始められる「自宅トレ」編!

Share

【2020年「自宅トレ」人気記事ランキング】

1位|現代人のための “世界一効く” 最新の体幹トレーニング

現代人のための “世界一効く” 最新の体幹トレーニング

瞬く間に普及した体幹トレ。カリスマトレーナー・中野ジェームズ修一さん曰く、「体幹トレのベースとなるスキルは“インナーユニット”の使い方。これなしにいくら体幹トレを行っても効果は得られません」ではそのインナーユニットを意識したメソッドを紹介しよう。

記事を読む

2位|「いつものプランク」は卒業!「動くプランク」なら確実に体幹に効く

「いつものプランク」は卒業!「動くプランク」なら確実に体幹に効く

じっとポーズをキープするだけで筋肉は伸びも縮みもしない。でも、手の幅を変えたり傾斜をつけたり片手支持にしたりと刺激の種類や強度を上げていけば、いい感じにブラッシュアップされた大胸筋が手に入る。正しくやれば、プランクは優れたエクササイズとなる。

記事を読む

3位|今日から腹筋を鍛えるための「基本の『き』」フォーム

今日から腹筋を鍛えるための「基本の『き』」フォーム

シックスパック道も、基本のトレーニングが重要。まずは意外と知らないベーシックな型を。おなじみ「シットアップ」とそのベースとなる「クランチ」、そして腹直筋下部も鍛える「ベルビック・レイズ」の3種目をマスターせよ!

記事を読む

4位|超効率的! 全身の筋肉を刺激するエキセントレ8種目

超効率的・筋トレ! 全身の筋肉を刺激する・エキセントレ8種目

重力に逆らって重いウェイトを持ち上げるコンセントリック運動こそ、筋肉は成長すると思っているみなさま。実はもっと効率のいい方法があります。持ち上げるのではなく、ゆっくり下ろすエキセントリックトレーニング。略して「エキセン」。これを行うだけで、良質な筋肉が短期間で楽々手に入るって知ってましたか?

記事を読む

5位|自宅でできる! AYA式「腹攻め」ワークアウト

【完全収録】自宅 でできる! AYA 式「腹攻め」ワークアウト

腹を割りたきゃプロに聞け! ということで、男女が憧れる美腹の持ち主、クロスフィットトレーナーAYAさんを直撃。有酸素運動と筋トレを組み合わせた自宅で腹筋を割る方法を聞きました。

記事を読む

6位|あなたの腕を太くする、週2・1日15分の腕トレ

あなたの腕を太くする、週2・1日15分の腕トレ

太い腕の象徴的な筋肉が上腕二頭筋。前腕をしっかり太く見せたいのであれば、主役となるのは、腕橈骨筋。上腕三頭筋広背筋を鍛えれば、肩幅が広くなった印象も演出できる。理想の腕に合わせたトレーニングを行って、魅せる腕をメイクしよう。

記事を読む

7位|2か月で体型を変える、レベル別プランク

2か月で体型を変える、レベル別プランク

段階的に抵抗を引き上げる、3つの自体重トレーニングプログラム。今回は5段階の(腹筋群)に効くプランクのやり方を解説。1日おきに週3回ペースで続ければ、2か月で体型は変わるはず。レベル1からトライだ!

記事を読む

8位|カラダが硬い人向け。本当に効果的なスクワットのやり方

カラダが硬い人向け。本当に効果的なスクワットのやり方

スクワットは、正しい姿勢で腰を落とせるかが重要だ。しかも、手の位置ひとつで難度が変わる。「ベーシック種目」と「プレ種目」から、自分のROM(関節可動域)に合わせて選び、もっと効果的に鍛えよう。

記事を読む

9位|ちょいポチャだけど腹を割りたい…。まずやるべき3種目

ちょいポチャだけど腹を割りたい…。まずやるべき3種目

BMI25を上回るというあなたは、いきなりフッキンをする前に取り組むことがある。まずは、食生活と並行して大きな筋肉から鍛えて腹筋を包囲し、代謝をUPさせるのだ。週3頻度で行ってBMIが25を切ったら、晴れて腹割りトレーニングへと駒を進めよう。

記事を読む

10位|「最低限これだけは!」という、自宅トレのメニュー

「最低限これだけは!」という、自宅トレのメニュー

時間のない人が自宅で1日10分だけ筋トレする場合、どんなメニューにすればいいのだろう。一番大事なのは、正しいフォームで行うこと。闇雲にいろんなメニューに手を出すのではなく、まずは正しいスクワットとプッシュアップの2種目からスタートしましょう。

記事を読む

Share