<広背筋

筋肉の部位で最も面積の広い筋肉で、左右の脇腹から脇の下辺りまでの筋肉を指す。腕を前に挙げた状態から後ろに引く、腕を真上に挙げた状態から下に引く、腕を内側にねじるといった動きは広背筋の働きで、肩甲骨を寄せる際に大きな役割を果たす。肩を落として肩甲骨を寄せると鍛えられ、広背筋が発達したカラダを後ろから見ると背中が逆三角形に見えるため、必然的にウエストも細く見える。

広背筋の記事一覧

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan