突然のギックリ腰。どう対処する?
デスクワークで凝り固まった肩へ3ステップアプローチ。
オールアウトとは?自宅トレで限界に挑め!
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
揺れる電車を活用して、体幹を鍛えよう。
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
簡単体操で「正しい座り姿勢」に!
“膝パカパカ”でヒップのサイドラインを整える。
  • 公開:

ベストな時間帯は? 1日でもサボったら硬くなる? ストレッチの素朴なギモン

ストレッチの疑問解消

いつでもどこでも始められるからこそ、自己流でやってしまいがちなストレッチ。小さなギモンはあらかじめ解消してから、有意義なストレッチ習慣を身につけよう! ありがちなストレッチの疑問の答えをお伝えします。

ストレッチで仕事の能率は上がる?

ストレッチで仕事の能率は上がる?

煮詰まって気分が乗らないときはストレスで緊張する僧帽筋上部ストレッチをすれば、リフレッシュできる。

さらに、長時間座りっぱなしで悲鳴を上げている大臀筋を伸ばせばの重だるさから解放される。心身ともに再生し、仕事の能率も当然アップ。

朝? 夜? ベストの時間帯は?

朝は交感神経にスイッチが入る時間帯、夜は逆に副交感神経が優位になる時間帯。

ストレッチの目的はリラクセーションなので朝よりは夜、さらに歩いて筋肉の温度が上がっている帰宅後、血行がよくなっている入浴後などがベストのタイミング。

1日でもサボッたらカラダは硬くなる?

1日でもサボッたらカラダは硬くなる?

毎日行うに越したことはない。でも、強迫観念に縛られる状況もストレスフル。

週4日以上ストレッチを行うことで長期的な柔軟性の高まりが見られるといわれているので、毎週4日坊主を繰り返せば、それなりにカラダは柔らかくなる。マイペースでOKだ。

マッサージとストレッチ、どっちが効果的?

マッサージには筋膜の抵抗性を和らげる効果がある。よってストレッチ前にフォームローラーなどでカラダをほぐすのは有効。

でも柔軟性を高めるという意味ではストレッチに軍配が上がる。マッサージではサルコメアは増やせないからだ。(詳しくはこちらの記事:最大の要因は不活動。「カラダが硬くなる」3つの理由

ストレッチをしてはいけない場合はある?

寒い時期の朝など、筋肉の温度が低いときは柔軟性が限定されるので効率が悪い。

また、骨折すると骨が太くなり関節の可動域が狭くなるので、残念ながらストレッチで頑張っても今以上柔軟性は上がらない。骨折経験者はその部位を無理に伸ばさない方が無難だ。

ストレッチだけで痩せることは可能?

ストレッチだけで痩せることは可能?

ストレッチの運動強度はゴミ捨てのそれと同等。なのでストレッチで直接のダイエット効果は得られない

ただ、筋肉の疲れを取り除くことで積極的に活動する意欲や機会が増える。結果的にエネルギー消費が上がるので、間接的な痩せ効果はありといえばあり

やればやるほど健康にいい?

やればやるほど健康にいい?

「この人は筋肉を伸ばす人」とカラダに教え込むことはとっても重要。

ストレッチをやればやるほど、カラダはそれに適応しようとしてサルコメアを増やしてくれる。筋トレやランのようなオーバーワークの心配もないので、やるほどに健康にいいと断言できる。

左右差がある場合、硬い方を多く伸ばした方がいい?

右はいけるけど左はいけない。誰にでも左右差はあるが、それが極端になると悪姿勢の原因に。

筋肉の長さや強さに左右差があるとどちらかに引っ張られてニュートラルな姿勢が保てないからだ。なので、硬い方は1〜2セット多めに行うのがおすすめ

取材・文/石飛カノ イラストレーション/石山好宏 取材協力/中野ジェームズ修一

初出『Tarzan』No.855・2023年5月11日発売

Share

関連記事:

Share