<僧帽筋

背中の表層にある筋肉で、上部、中部、下部に分けられる。主に上部は鎖骨や肩甲骨の引き上げ、中部は肩甲骨の挙上や内転、外旋、下部は肩甲骨の内転および上方回旋させる役割を担っている。首周りの盛り上がりを作る筋肉なので、鍛えることで後ろ姿をより大きく見せられるほか、肩こりの予防、改善効果も期待できる。懸垂やダンベルアップロウ、シーテッドロウイングが代表的なトレーニングメニュー。

僧帽筋の記事一覧

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan