摂取カロリーの目安を把握しよう。
インナーマッスルに効かせるバランスボールエクササイズ。
「ハンドツイスト」でくびれを作ろう!
内臓脂肪を減らす「油カット」10個のアイデア。
はじめてのジムトレに。60分でできるマシン+有酸素運動。
デスクでできるながら筋トレで体幹を活性化。
溜まった皮下脂肪は“6か月”で攻略しよう。
トレッドミルの活用がダイエットへの近道⁉︎
  • 公開:

股関節の硬さに。骨盤底筋群をほぐす「テニスボール整筋」

股関節が硬い テニスボール整筋

骨盤が歪み、可動域が小さくなってしまった股関節には、歪みの原因となる硬く縮んだ筋肉をほぐす「テニスボール整筋」がおすすめ。骨盤底筋群をほぐし、骨盤の坐骨の位置を調整し、本来の股関節の動きを取り戻そう。効果はすぐ出るとは限らないので、合うと感じたら最低1か月は続けてみよう。

テニスボール整筋 エイジングデザイナー 村木宏衣さん

村木宏衣さん

教えてくれた人

むらき・ひろい/エイジングデザイナー。サロン〈Amazing♡beauty〉主宰。エステティックサロン、整体院、美容医療クリニックを経て独自の「村木式整筋」を確立。セルフケア法を紹介する『整筋・顔体大全』(日経BP)など著書も多数。

テニスボール整筋で坐骨の位置を調整

骨盤でも坐骨の位置がズレている人は多く、股関節がうまく機能せず歪みの原因に。坐骨に付着する骨盤底筋群をボールでほぐせば、骨盤が立って股関節の動きが良くなり、姿勢改善にも役立つ。

坐骨の内側・外側を左右それぞれ2か所。坐骨の位置が分からない人はまずお尻の下に手のひらを当てて座り、お尻を揺らしてみると確認できる。

骨盤底筋群を下からボールでほぐす

骨盤底筋群を下からボールでほぐす

❶椅子に座って坐骨の脇にボールを当てる。座面で両手を支えてもOKなので、骨盤はなるべく傾けないのがポイント。同じ側の足を小さく上げ下げし、各部位で10回繰り返す。

❷同じ部分にボールを当て、今度は足を浮かせたまま、膝下を前後にユラユラと動かす。ここでも骨盤は左右に傾けないこと。各部位10往復。

取材・文/オカモトノブコ 撮影/山城健朗 スタイリスト/川合康太 ヘア&メイク/村田真弓 監修/村木宏衣

初出『Tarzan』No.853・2023年3月23日発売

Share

関連記事:

Share