実はカラダに良くない! 筋トレ4つの間違いとは。
筋肥大に◎筋トレでテストステロンの分泌を促す。
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
ベッドの上でできる!寝起きの腰のだるさをストレッチで解消。
我慢は禁物。適度な晩酌がダイエット長続きの秘訣だ。
基礎から学び直そう。大人のためのクロール講座。
噂の「マッサージガン」について知ろう。
加齢とともに気になる…。関節・骨の不安に「骨活トレーニング」
  • 公開:

ゲームも立ちながら。座りすぎを避ける「在宅時」のアイデア9つ

自宅・リモートワークで座りすぎを避けるアイデア

環境をガラリと変えることはできなくても、「座らないと無理」な行動以外を全て立って行ってみよう。無意味に座っていた時間をかなり減らすことができる! 今回はリモートワークや休日など、家で過ごす際に座りすぎを減らすためのアイデアを紹介。

教えてくれた人

丸山健太(まるやま・けんた)/龍ケ崎済生会病院医療技術部リハビリテーション科係長・作業療法士。16年間現職の医療の現場に立ち続け、患者への日常生活動作や運動指導に務めるほか、HPなどで健康情報の提供を行う。

こまめに立って、座位時間を減らす工夫を

座位時間が長いと脚の筋力の低下や血流の停滞に繫がり、生活習慣や腰痛などのリスクも高まる。

WHOも日頃から座りっぱなしの時間を減らし、何らかの身体活動に置き換えることを勧めている。さらに、週末まとめて運動しても座りすぎによる健康への悪影響は低減できないという研究報告も。

そこで、作業療法士の丸山健太さんが提案しているのが、日常生活でこまめに立って姿勢を変えたり動いたりすること。

今回はリモートワークや休日、家で過ごす時に座り時間を減らすアイデアを紹介。30分に1回の頻度で3分間カラダを動かすのが理想だが、自分が取り入れやすいものからまずは実践してみよう。

アイデア① 家事を率先して行う

家事を率先して行う

帰宅したら自分から積極的に家事を実践。掃除、洗濯、炊事はすべて立って行う作業だから。アイロンをかけるときもスタンディングで。立つ時間が増えるうえに家庭内も円満に。

アイデア② ゲームをするときは立った姿勢で

ゲームをするときは立った姿勢で

アクション系やフィットネス系に限らず、家でゲームをするときは必ず立つ。ゲームに興じているときは時間が経つのがあっという間。立ち姿勢のキープも苦にならないはず。

アイデア③ できるだけリモコンを使わない

テレビにオーディオ、照明にスマート家電。離れたところからリモコンをピッとひと押しすればスイッチオン。そこをあえて移動して現物のスイッチを押せば立つ時間がそれだけ増える

アイデア④ ランチは出前ではなく自炊や買い出しに行く

ランチは出前ではなく自炊や買い出しに行く

リモートワークの日のランチはもっぱらデリバリー? いや、ただでさえ移動する機会が少ない日だからこそ、ランチは立ち姿勢で自炊、またはスーパーなど中食の買い出しへGO

アイデア⑤ 立って窓を開けるなど、換気をこまめに行う

コロナ禍ですっかり換気の習慣はついたことと思う。自宅で作業をするときはこまめに立ち上がって窓を開けるなど換気を行うことを忘れずに

アイデア⑥ 考える仕事は室内を歩きながら

考える仕事は室内を歩きながら

企画を練るなど何らかのひらめきが欲しいときは、デスクにしがみついているより立ってウロウロ歩きながらの方がアイデアが湧きやすい。歩きながら哲学したアリストテレスに倣おう。

アイデア⑦ デスクで仕事に集中する時間を決める

時間のメリハリをつけにくいリモートワークでは仕事の時間管理がとっても大事。デスクワークをだらだら行わず、何時から何時までとスケジュールをしっかり決めること

アイデア⑧ スマホ操作は立って行う

スマホ操作は立って行う

スタンディングデスクを使っていない場合、PC以外の作業をするときはできるだけデスクを離れる。スマホでのやり取り、LINEのチェックなどはすべて立ったままで。

アイデア⑨ 本来の通勤時間に合わせて散歩する

朝と夕方、会社に行く日は大体1時間かけて通勤移動している。ならばリモートワークの日も同じ時間帯を散歩で費やす工夫を。仕事の初めと終わりにメリハリがつく。

取材・文/石飛カノ 撮影/中島慶子 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾 イラストレーション/中根ゆたか

初出『Tarzan』No.849・2023年1月26日発売

Share

関連記事:

Share