肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
ハイレベルな自体重トレで腹筋を割りに割る。
週2日の筋トレで腕は太くなる。
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
マナーを守って、気持ちよくジムで鍛えよう!
正しい体幹トレは「呼吸」から。
低コスト・高タンパクな自炊の下ごしらえ法。
どうしてステロイドを使ってはいけない?
  • 公開:

脂肪燃焼サプリ、ビキニフィットネス世界1位が愛用するのは?

ビキニアスリート 安井友梨 さん と 脂肪燃焼 サプリメント

現役OLでありながら、国内のビキニフィットネス大会で優勝を重ねる安井友梨さん。そんな減量の達人である彼女にとって脂肪燃焼サプリは欠かせない相棒だ。日々コンディションを維持するための普段使い用と、大会前の追い込み用。それぞれ安井さんが実際に摂り入れているものを教えてもらった。

Share

外資系銀行員としてフルタイムで働く一方、ビキニフィットネス世界1位を狙う。そんなワンダーウーマンである安井友梨さんの、絶対に外せない相棒がサプリ

「体脂肪を減らすことに関しては、その3割くらいはサプリに助けてもらっているという実感があります」

安井友梨さん

安井友梨(やすい・ゆり)/2015年、30歳を機にトレーニングを開始。以来、国内のビキニフィットネス大会で優勝を重ねる。2021年、6回目の挑戦となる世界選手権で2位となる。現役OLとの二刀流で究極美ボディを追求し続ける。

普段使いするのはMRPと赤汁

安井さんは、サプリを大きく2つのカテゴリーに分ける。一つ目は、年間通して普段使いするもの。もう一つは、コンテストに備えて4か月かけて減量する際に使うものだ。

普段使いするのは、MRP赤汁。MRPはパウダー状のサプリ。見かけはプロテインだが、タンパク質以外に、糖質脂質ビタミンミネラルといった栄養素を含み、低カロリーで食事の代わりになる

「私の朝食は、一年365日MRPです。余分なカロリーを摂らずに、必要な栄養素が偏りなく摂れます。朝食で栄養をしっかり摂った方が、体脂肪は落ちやすいのです」

赤汁とは、文字通り、赤みのあるドリンク。青汁はケールなど緑の葉野菜が原料だが、赤汁はレッドビーツ、マンゴスチン、アセロラといった赤みの強い食材を原料とする。

「朝食には、MRPとともに赤汁を飲んでいます。それはトレーニングを始めて以来、7年間変わらない習慣。赤汁は、血流をアップして代謝を高めます。以前はビーツなどを買って手作りしていたのですが、毎日作るのは大変なので、製品をプロデュースし、水に溶かして飲める赤汁のパウダーサプリを作っちゃいました。

仕事中や運動中も、赤汁ドリンクで水分補給しています。水分を多めに飲むのも、代謝を上げて体脂肪燃焼を促すコツの一つです」

MRP

ファボリンク《MRP Beauty Plus》

MRP サプリメント ファボリンク MPP Beauty Plus

安井さんプロデュースのMRP。吸収速度が異なる4種のタンパク質(ホエイ、大豆、カゼイン、卵白)と糖質をバランスよく配合。ビタミン、ミネラル、乳酸菌、美容成分も含む。1袋わずか178kcalと低カロリー。7袋入り3,402円。公式サイト

赤汁

ファボリンク《ファボベジ・オー・ボーテ》

赤汁 サプリ ファボリンク《ファボベジ・オー・ボーテ》

安井さんプロデュースの赤汁。レッドビーツ、マンゴスチンといった野菜、果物、スーパーフード、乳酸菌などを配合。食事の野菜不足解消、運動中や日常生活の水分補給に最適。人工甘味料不使用。1袋8kcalと低カロリー。30包入り3,900円。公式サイト

減量期は1か月ごとにサプリを増やす

そして4か月間の減量期では、1か月ごとに新たなサプリをプラス

「同じ成分を摂り続けると、カラダが慣れて反応が鈍くなる。つねに新鮮な刺激をカラダに加え、体脂肪燃焼をペースダウンさせないために、1か月ごとに内容を変えるのです」

4か月前から摂り始めるのは、疲労回復を促すサプリ

疲れてトレーニングを中断したら、カラダ作りも体脂肪カットもままならない。4か月間の長丁場にめげず、トレーニングを続けるために、滋養強壮成分のマカリカバリー系アミノ酸のアルギニンやオルニチンを摂取する。

マカ、アルギニン、オルニチン

ゴールドジム《アルティメットリカバリーMAX》

ゴールドジム《アルティメットリカバリーMAX》

日本産マカ、テストフェン、アクチジン、ムクナ、L-アルギニン、L-オルニチン、亜鉛、マグネシウム、ビタミンB6を配合、ハードに鍛える人のリカバリーにお薦め。300粒入り6,480円。公式サイト

3か月前から新たに加わるのは、HMB

HMBとは、必須アミノ酸ロイシンの代謝物。ロイシンは、筋肉を合成するスイッチを入れる物質として知られる。減量期に、体脂肪とともに落ちやすい筋肉の減少を、食い止めるのがおもな狙いだ。

HMB

ハレオ《ラプター》

HMB ハレオ《ラプター》

HMBのなかでも、吸収が早い遊離型HMBを100%配合。この他、L-カルニチン、α-GPCも配合。210カプセル入り13,500円。公式サイト

2か月前に手を伸ばすのは、CLA(共役リノール酸)。体脂肪を分解する酵素を活性化してくれる。

「減量期に摂取カロリーを抑えると、パワー不足でトレーニングの質が落ちてしまい、思ったように鍛えられない。CLAは体脂肪の分解を促し、運動エネルギー源として使いやすくしてくれます。トレーニングの質も量も落ちないので、減量のプラトー(停滞期)が回避できるのです」

CLA

ゴールドジム《CLA(共役リノール酸)》

ゴールドジム CLA(共役リノール酸)

吸収が早いベニ花由来のトリグリセライド型CLAを配合。シェイプアップを上手にコントロールする。180粒入り4,104円。公式サイト

最後の1か月前を迎えて、満を持して投入するのは、体脂肪の分解、運搬、燃焼の全工程に寄り添うL-カルニチンCoQ10カテキン黒コショウ抽出物カプサイシンなどをマルチに配合したサプリ。

「全部入りで高機能ですが、初めから使うと、万一プラトーに陥ると、他に打つ手がない。この段階ではトレーニングも食事も大きく変えられないので、最後のゲームチェンジャーとして大事に取っておきます」

L-カルニチン、CoQ10、カテキン

ゴールドジム《アルティメット ファットバーン》

ゴールドジム アルティメット ファットバーン

体脂肪の分解、運搬、燃焼をトータルにサポート。L-カルニチンを主成分にEGCG、カプサイシン、CoQ10、黒コショウ抽出物を配合。270粒入り5,076円。公式サイト

減量ではいつか壁にぶつかる。彼女に学び、壁を乗り越える切り札的サプリを事前に見つけておこう。

私にとってはおはぎもサプリです!

おはぎ 写真

安井さんの好物は、おはぎ。トレーニング前後に毎日1〜2個食べる。

「おはぎはスーパーフードであり、大事なサプリでもある。小豆からタンパク質が摂れるし、エネルギー源の糖質も含まれていて、脂質はゼロ。小豆には抗酸化作用もあります。おにぎりより全然いいし、トレーニングしている人なら、食べても太らないと思います」

おはぎにも通常用と減量用があるとか。

「通常用はテンサイ糖を使ったもの。減量用は砂糖不使用で、発酵アンコで寝かせ玄米を包んだものです。次は何をお取り寄せしようかと考える時間も楽しい」

取材・文/井上健二

初出『Tarzan』No.835・2022年6月9日発売

Share