自宅で静かにできるHIITで脂肪燃焼&筋肉強化!
7つのヨガポーズで代謝をアップしよう!
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
しゃがめない人は要注意。足首の柔軟性を取り戻そう。
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
運動前後で脱水しないコツは?
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
有酸素系のフローヨガで運動不足を解消!
  • 公開:

オートミールとタラの重湯鍋|内臓脂肪減の「ひとり鍋レシピ」

オートミールとタラの重湯鍋|内臓脂肪減の「ひとり鍋レシピ」

調理に油脂を使わない。野菜がたっぷり食べられる。グツグツ煮えた煮汁とともにいただけば、低カロリーなのに満腹満足。そんな鍋料理は健康なカラダづくりの最強の味方。今回は簡単ひとり鍋「タラの重湯鍋」のレシピを紹介!

タラの重湯鍋

タラの重湯鍋

こちらの〆食材は近頃大注目のオートミール。水溶性食物繊維が豊富なうえ、代謝を促すビタミンB1B2を含むダイエッターの救世主だ。

メインは鍋食材の王道にしてタンパク脂質の極みのタラ。梅干しとワサビのアクセントを効かせつつ、たっぷりの水菜&モズクと食せば、このカロリーで満腹必至。

今回の内臓脂肪減に役立つ食材

・脂肪燃焼サポート…オートミール:食材のビタミンが代謝を高め、内臓脂肪を分解。

・水溶性食物繊維…モズク、オートミール:水溶性食物繊維は水分を吸収し、糖質の消化吸収スピードを下げ、満腹感をもたらす。

材料(1人分)

  • タラ切り身…1切れ(100g)
  • 水菜…2株(100g)
  • モズク…1/2カップ(100g)
  • 梅干し…1個
  • 練りワサビ…小さじ1/2
  • [A]
    • オートミール…40g
    • 昆布だし…500mL
    • 薄口醬油…小さじ1

作り方

  1. タラは一口大に、水菜はざく切りにする。
  2. 鍋に[A]とタラを入れて火にかける。フツフツ沸いてお粥状になったら水菜、モズクを加えてひと煮し、梅干しとワサビを添える。

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 取材協力・料理・スタイリング/美才治真澄(管理栄養士) 編集/阿部優子

初出『Tarzan』No.825・2022年1月4日発売

Share

関連記事:

Share