「最低限これだけは!」という自宅トレ2種目。
雨で走れない日は「インドア有酸素運動」。
突然のギックリ腰。どう対処する?
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
肥満タイプをチェック!あなたはどのタイプ?
筋合成を高める「微量栄養素」に注目。
血糖値を安定させるためにやりたいこと。
長時間のPC作業の敵「巻き肩」をリセット。
  • 公開:

牡蠣のオイスターソース鍋|内臓脂肪減の「ひとり鍋レシピ」

牡蠣のオイスターソース鍋

調理に油脂を使わない。野菜がたっぷり食べられる。グツグツ煮えた煮汁とともにいただけば、低カロリーなのに満腹満足。そんな鍋料理は健康なカラダづくりの最強の味方。今回は簡単ひとり鍋「牡蠣のオイスターソース鍋」のレシピを紹介!

Share

牡蠣のオイスターソース鍋

牡蠣のオイスターソース鍋

メインの牡蠣は脂質タンパクにして、糖や脂質の代謝に必須の亜鉛マグネシウムの宝庫。

豆板醬の辛味成分、カプサイシンが加わって脂肪燃焼効果は抜群。たっぷりのネギ、食物繊維が豊富なメカブとともに、とぅるんといただこう。

今回の内臓脂肪減に役立つ食材

・脂肪燃焼サポート…牡蠣、豆板醬:スパイスに含まれる機能性成分や食材のビタミンが代謝を高め、内臓脂肪を分解。

・水溶性食物繊維…メカブ:水溶性食物繊維は水分を吸収し、糖質の消化吸収スピードを下げ、満腹感をもたらす。

材料(1人分)

  • 牡蠣むき身(加熱用)…10粒(200g) 
  • メカブ…1/2カップ(70g)
  • 万能ネギ(小口切り)…1束(100g)
  • [A]
    • 昆布だし…400mL
    • オイスターソース…大さじ1
    • 豆板醬…小さじ1

作り方

  1. 牡蠣はザルに上げて水気を切る。万能ネギは小口切りにする。
  2. 鍋に[A]を入れて煮立て、1とメカブを入れ、火が通ったものから食べる。

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 取材協力・料理・スタイリング/美才治真澄(管理栄養士) 編集/阿部優子

初出『Tarzan』No.825・2022年1月4日発売

関連記事:

Share