顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
代謝を上げるには夜の過ごし方が重要だった⁉︎
ジムで徹底的に美尻を磨き上げる。
椅子の上でテレビを見ながら脂肪燃焼!
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
週2日の筋トレで腕は太くなる。
副交感神経を優位に。就寝前の10習慣。
長時間のPC作業の敵「巻き肩」をリセット。
  • 公開:

エネルギーを蓄える“腎”を整え老化を防ぐ。腎臓のツボマッサージ

腎臓のツボマッサージ

中医学の五臓六腑の“腎”は、現代の解剖学的な腎臓と100%対応しているわけではない。だが、長年の経験に裏打ちされた養生学でも、“腎”はヒトの成長や発育に欠かせないところとして捉えられていて、そのケア方法は腎臓ケアとしても大いに参考になる。不調だと老化が早まるとされている“腎”。インナーマッスルをほぐし、ツボを刺激し、腎臓の機能を高め老化を防ごう。

教えてくれた人:石垣英俊さん

いしがき・ひでとし/鍼灸師。あん摩マッサージ指圧師。ホリスティッククーラ代表。手ぬぐいボール健康法提唱者。解剖学と東洋医学の知見を融合した施術がモットー。背骨からのケアを重視し、日本背骨養生協会で指導者の育成にも取り組む。

インナーマッスルに働きかけて“腎”を活性化

近年腎臓が寿命に関わる臓器だとわかってきたが、中医学の五臓六腑でいう“”はヒトの成長や発育に欠かせないところであり、不調だと老化が早まると考える。“腎”=腎臓ではないが、中医学は大昔から腎臓の重要性を見抜いていたのかも。

「中医学における“腎”は“蔵精”を担っています。“精”とは“気”の中でも、とくにヒトの成長、発育、生殖に関わる生命エネルギーであり、それを“腎”が蓄えると捉えられているのです」(鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師の石垣英俊さん

また五臓六腑の“腎”と“肝”は、いわば親子関係にあり、腎が整うと肝も整いやすくなるという。

カラダの奥にある腎臓にアプローチするには、骨格に近い深層のインナーマッスルに働きかけるのが近道。まず腎臓の側を走るインナーマッスルの腸腰筋をほぐして血流アップ。続いて、“腎”に関連する腰まわりのツボを指圧。どちらも、テニスボールを手ぬぐいで包んだ「手ぬぐいボール」で優しく刺激しよう。

手ぬぐいボールの作り方

手ぬぐいボールの作り方

手ぬぐいを広げ、真ん中にテニスボールを置く。ボールを覆うように手ぬぐいの上下を畳んで帯状にしたら、両端を結んでボールを中央部で固定する。手ぬぐいにより、ボール位置の調整が容易に行える

ステップ① 腸腰筋のマッサージ(左右各2~4回×2~3セット)

腎臓のツボマッサージ

壁に向かって15~20cm離れて立ち両肘を壁につける。上図の鼠蹊部(ビキニライン)の●の位置にボールを当て、そのまま壁に押し当てる。痛みの出ない範囲で上体を少し反らすと効果的

ステップ② ツボマッサージ(左右各2~4回×2~3セット)

腎臓のツボマッサージ

① 腎兪(じんゆ)

文字通り“腎”の働きを高めるツボ。壁に背を向け15cmほど離れて立つヘソの高さに両手を当て、親指が届くあたりにボールを当て壁に押し当てる。

② 志室(ししつ)

泌尿器系に効くとされるツボ。壁に背を向け15cmほど離れて立ちウェストのいちばん細いところ、背骨から指4本分外側にボールを当て壁に押し当てる。

③ 夾脊(きょうせき)

背骨に沿って走る自律神経のバランスを整える効果が期待できる。壁に背を向け15cmほど離れて立ちヘソの真裏あたりにボールを当て壁に押し当てる。

取材・文/井上健二 撮影/安田光優 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/坂西 透 イラストレーション/内山弘隆 取材協力/石垣英俊(ホリスティッククーラ代表)

初出『Tarzan』No.870・2023年12月14日発売

Share

関連記事:

Share