鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
マッサージガンを活用して腰痛を改善しよう。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
自宅でメリハリ美脚を作るための最適解は?
筋力アップを狙えるヨガポーズ4選。
「大胸筋の段差」を集中的に鍛えて強調する。
自律神経に働きかけ、リラックスを促すヨガポーズ。
膝に違和感を感じたら。やわらかい膝を手に入れる
  • 公開:

猫背、腰の張り、肩甲骨が動かない…。背中の悩みに効くセルフマッサージ3種目

背中の悩み3種目 マッサージ

慢性的な凝りや痛み解消のためにはセルフマッサージが効く。大事にしたいのは、「頑張らない」こと。しんどい時には誰だって頑張りたくないはず。そこで厳選したのが、余計な力をできるだけ使わず最大限の効果が得られるメソッドだ。今回は、猫背、腰背部の張り、肩甲骨が動かないといった「背中」にまつわる悩みを解消する、頑張らないセルフマッサージメソッドを紹介!

猫背改善には…ソフトカイロ

丸山祥一さん ソフトカイロ

丸山祥一さん

教えてくれた人

まるやま・しょういち/カイロプラクター。サンシャイン通り接骨院院長。カイロプラクティックをベースに古武術整体、筋膜アプローチなどを整体院、接骨院、整形外科で学び、これまで25万人以上の悩みに寄り添う治療を行ってきた。

猫背とは背中が丸まり、肩甲骨が背骨から離れて上がったままで固まる不良姿勢。真っ先に背中にアプローチしたくなるが、実は首すじをほぐした方が即効性がある。

なぜなら猫背の第一歩は、デスクワークなどで頭が前に出て首が曲がることにあるから。背中が丸まるのはあくまでその結果だ。首を後ろに引き、首すじ(頸椎)に適正な前彎カーブを描こう。

1|首すじのマッサージ(10回)

首すじのマッサージ

首が動きやすいように、後頭部の中央を乗せる。 

❶後頭部をヨガブロック(なければ厚さ6cm前後のハードカバー本)に乗せて、仰向けになる。両膝を腰幅で曲げて立てる。

❷両腕を体側に伸ばし、手のひらを床に向ける。

後頭部でブロックを強く押し込む。

首すじのマッサージ

❹押し込んだまま、うなずくように顎を引く

首すじのマッサージ

❺イヤイヤをするように首を左右に振り、2往復する。

ポイント

首に痛みが出ない範囲で、できるだけ大きく首を振る

首すじのマッサージ

2|首すじのモビライゼーション(10回)

首すじのモビライゼーション

顔面を床と平行に移動させる。

❶椅子に浅く坐り、背すじを床と垂直に伸ばし、背骨の延長線上に頭を乗せる。

❷片手の人差し指を顎の下につける。

❸顎を後ろに引き、人差し指からできるだけ顔面を遠ざける

❹人差し指にタッチするように顎を元に戻す

NG

人差し指のポジションを動かさない。顎は下ではなく真後ろに引くこと。

首すじのモビライゼーション

肩甲骨が剝がれないなら…アラウンドマッサージ

石垣英俊さん アラウンドマッサージ

石垣英俊さん

教えてくれた人

いしがき・ひでとし/あん摩マッサージ指圧師、鍼灸師。ホリスティッククーラ代表。手ぬぐいボール健康法提唱者。解剖学と東洋医学の知見を融合した施術を心がける。ことに背骨からのケアを重視し、日本背骨養生協会では指導者の育成にも取り組む。

デスクワークやスマホ操作などで、猫背や前屈みの姿勢がクセになると、肩甲骨は左右に広がる外転を起こして固まるため、肩甲骨はフリーズしやすい。これは肩こりや首こりの誘因。

影響を受けて硬くなりやすいのは、肩甲骨を背骨に寄せる内転を行う大菱形筋。手ぬぐいボールでほぐして血流を改善、肩甲骨を内転しやすくしよう。

大菱形筋は背骨と肩甲骨の間に走っている。

大菱形筋の手ぬぐいボールマッサージ(左右各3〜5回×3〜5セット)

手ぬぐいボールの作り方

手ぬぐいボールの作り方

手ぬぐいボールは石垣英俊さんのオリジナル。作り方は簡単。長めの手ぬぐいを横に広げ、真ん中にテニスボールを置く。ボールを包むように手ぬぐい上下を帯状に畳み、ボールが真ん中で固定されるように結ぶ。

大菱形筋の手ぬぐいボールマッサージ

壁から離れるほど、体重がかかり、その分強めにほぐせる。

❶壁に背を向け、少し離れて立つ。

❷手ぬぐいボールの端を両手に持ち、左側の肩甲骨と背骨の間に垂らし、膝を曲げて壁に寄りかかる。

❸膝を軽く屈伸してボールを上下に転がしながら、凝りをほぐす。

腰背部の張りには…アラウンドマッサージ

凝ったり張ったりするのは、肩甲骨より上の上背部だけではない。肩甲骨から下の腰背部にもストレスは溜まりやすく、凝りや張りが生じやすい。背骨に沿って走る脊柱起立筋のなかでも、腰腸肋筋と呼ばれる筋肉だ。

ここは胃腸など内臓の疲れが、自律神経を介して筋肉に伝わる「内臓体性反射」の影響も受けやすく、それだけダメージを受けやすいのだ。

腰腸肋筋は、肩甲骨と骨盤の間を背骨の両サイドに沿って走る。

腰腸肋筋の手ぬぐいボールマッサージ(左右各3〜5回×3〜5セット)

腰腸肋筋 手ぬぐいボール マッサージ

壁から離れるほど、体重がかかり、その分強めにほぐせる。

❶壁に背を向け、少し離れて立つ。

❷手ぬぐいボールを右手に持ち、左側の肩甲骨の真下に垂らし、膝を曲げて壁に寄りかかる。

左腕は、右腕にクロスさせる。

❹左右交互に体重移動してボールを横に転がしながら、凝りをほぐす。

取材・文/井上健二 撮影/幸喜ひかり スタイリスト/ヤマウチショウゴ ヘア&メイク/天野誠吾

初出『Tarzan』No.867・2023年10月19日発売

Share

関連記事:

Share