ダイエット中の外食のコツ。
健康診断前日の筋トレはNG。
糖質オフするなら餃子よりシューマイ。
週2日の筋トレで腕は太くなる。
「有酸素×筋トレ」のメソッドで免疫力アップ
5種目30分でヒップアップを目指す!
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
  • 公開:

ボディビルをやめたら、この3種目に集約したい|岡田隆さんのBig3

ボディビルをやめたら、この3種目に集約したい|岡田隆さんのBig3

いいトレーニーはアンテナを張っている。だからいろいろ知っているし、トレーニング法も柔軟。幅の広さを知る第一歩として、みんなのお気に入りBIG3を聞いてみた。本来はベンプレ、スクワット、デッドリフトだけど、どんな種目が出てくるんだろう。今回は、日本体育大学教授、ボディビルダー・岡田隆さんの「私の好きなBig3」。

岡田隆さん

岡田隆さん

教えてくれた人

おかだ・たかし/日本体育大学教授、同大ボディビル部顧問、博士(体育科学)。2023年11月、ドーピングなしで競うWNBFプロボディビルディング世界選手権で、40歳以上のマスターズクラスで優勝を飾った。

ビルダーが選ぶ究極の3種目

第一線の研究者でありつつ、現役バリバリのボディビルダーでもある日本体育大学の岡田隆先生。ビルダーとしてのトレーニングは1回2時間にも及び、全身の筋肉を隈なくバランスよく鍛えるため、種目数も数十を超える。

ビッグ3を聞くのを一瞬躊躇したのだが、「ボディビルをやめたら、これだけにしようと心に決めている種目がちょうど3つでした」とニッコリ。次のような答えを頂戴できた。

「一つはプッシュアップバーを用いたディーププッシュアップ。このバーを考えた人、天才じゃないかと尊敬したくなるくらい胸に効く。

鍛えにくい背中が自宅でも簡単に鍛えられるのが、ロープトレ。この2種目で上半身と体幹がフルにカバーできます。

最後は階段ダッシュ。片脚ランジを超高速&ハイレップで続けるようなものですから、下半身全般に効き目抜群。全力で駆け上がると心拍数がマックスまでアップするので、有酸素運動にもなり、心肺機能が高まります」

で、先生はいつになったらこのビッグ3に集約できるのか。

「筋トレが心身に与える影響は年代ごとにどう変わるのか。自分のカラダを実験台に情報発信したいので、当分できそうにないですね」

① ディーププッシュアップ(胸が熱くなるまで×3セット)

ディーププッシュアップ

プッシュアップバーを握り、床でうつ伏せになり、腕立て伏せの基本姿勢を取る。胸をバーよりも低く床すれすれまで近づけ、大胸筋をしっかりストレッチさせたら、バーを強く押して元に戻る。

「私なら限界まで続けますが、できない場合は少なくとも胸が熱くなるまで続けてみてください」

② ロープトレーニング(60秒×3セット)

ロープトレーニング

滑車を通したループ状のロープを引き続けることで、背中をはじめとする上半身全域が鍛えられるマシン《QROPE》を使うのがベスト。

負荷は女性からボディビルダーまで対応できる範囲で設定可能。フックを引っかければ自宅でも公園でもトレーニングできる

③ 階段ダッシュ(5~10本)

階段ダッシュ

神社など長めの階段を見つけたら、そこを全力で一気に駆け上がる。短めの階段なら10本、長いものなら5本でOK。転倒に注意し、くれぐれも他の人の邪魔にならないようにする。

取材・文/井上健二 イラストレーション/モリタクマ 編集/門上奈央

初出『Tarzan』No.872・2024年1月25日発売

Share

関連記事:

Share