運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
5種目30分でヒップアップを目指す!
我慢は禁物。適度な晩酌がダイエット長続きの秘訣だ。
冷えを感じたら、20の「温活」でポカポカ。
ランが続く人、続かない人は一体何が違うのか。
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
正しい体幹トレは「呼吸」から。
  • 公開:

薬味まみれのシシャモの焼き浸し|副交感神経を活性化するハーブ&スパイス

薬味まみれのシシャモの焼き浸し

現代は交感神経優位時代。うっかり交感神経優位を続けないためには、生活習慣を見直す一環として、食事でも副交感神経活性化にトライしたい。活用すべきはハーブやスパイスだ。その香りや成分は少量でもリラックスへと誘う。料理にトッピングして、副交感神経アップのマイ儀式としよう。今回は、殺菌、健胃作用が期待できる青ジソを使用した「薬味まみれのシシャモの焼き浸しのレシピ」を紹介。

教えてくれた人 石松佑梨さん

石松佑梨さん

教えてくれた人

いしまつ・ゆり/ウェルネスコンサルタント、管理栄養士。アスリートの専属管理栄養士経験を活かして発信。著書に『過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー』。

薬味まみれのシシャモの焼き浸し

薬味まみれのシシャモの焼き浸し

薬味は組み合わせて使うと、料理のおいしさもリラックス効果も上がる。青ジソと一緒に、ミョウガなども加えよう。

今回使用するハーブ

【青ジソ】

青ジソ

清々しい香りは殺菌健胃作用もあるポリフェノールの一種、ペリルアルデヒド。この香り成分は、刻むと香りが引き立つ特性が。ほかにもα-ピネンリモネンの香気成分も含まれる。

材料(1人分)

  • シシャモ…5尾
  • 漬け液
    • 醤油…大さじ1
    • 砂糖…大さじ1
    • 酢…大さじ1
    • レモン果汁…小さじ2
    • だし汁…1/4カップ
  • ショウガ…10g
  • カイワレ…10g
  • ミョウガ…1個
  • 青ジソ…5枚

作り方

  1. ショウガ、ミョウガ、青ジソの葉は千切り、カイワレは1cm長さに切る。
  2. シシャモを焼く。
  3. 漬け液に1と、熱い状態の2を漬け込んで30分置く。器に盛り付ける。
なぜハーブ&スパイスが副交感神経を活性化?

ハーブやスパイスの持つ香りや色、苦み、辛みなどは、植物が外敵から自らを守るために作り出す成分。人間に有益な役割を果たすものもある。たとえば香りの成分α-ピネンは針葉樹にも含まれていて、森林浴をすると心身が癒やされるのは、α-ピネンをはじめ、さまざまな植物由来の芳香物質の恩恵と言われている。

さらにハーブやスパイスの香りには消化促進効果があるものも。食事を摂ると消化吸収機能が促され、副交感神経が活性化。つまり、ハーブやスパイスを料理に取り入れれば香りでリラックスでき、消化も促されて副交感神経をより効率的に活性化できる

取材・文/小沢緑子 撮影/大嶋千尋 スタイリスト/矢口紀子 取材協力・料理製作・栄養監修/石松佑梨(ウェルネスコンサルタント、管理栄養士)

初出『Tarzan』No.858・2023年6月8日発売

Share

関連記事:

Share