お風呂タイムを活用してカロリー消費!
どうしてステロイドを使ってはいけない?
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
血糖値を安定させるためにやりたいこと。
目指せギャクサン!背中を鍛え上げる公園活用術。
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
ジムで徹底的に美尻を磨き上げる。
なぜオートミールがブームなの?
  • 公開:

アボカドバジルの納豆ごはん|副交感神経を活性化するハーブ&スパイス

アボカドバジルの納豆ごはん

現代は交感神経優位時代。うっかり交感神経優位を続けないためには、生活習慣を見直す一環として、食事でも副交感神経活性化にトライしたい。活用すべきはハーブやスパイスだ。その香りや成分は少量でもリラックスへと誘う。料理にトッピングして、副交感神経アップのマイ儀式としよう。今回は、ストレスケアに効果的なアボカドバジルの納豆ごはんのレシピを紹介。

教えてくれた人 石松佑梨さん

石松佑梨さん

教えてくれた人

いしまつ・ゆり/ウェルネスコンサルタント、管理栄養士。アスリートの専属管理栄養士経験を活かして発信。著書に『過去最高のコンディションが続く 最強のパーソナルカレー』。

香りを楽しみながら副交感神経にスイッチを

ハーブ 写真 集合

「一流のアスリートほど、食事においても“副交感神経を高める”方法を確立しています」と、サッカー日本代表をはじめ、アスリートの“コンディショニング飯”の監修を行う石松佑梨さん

その食トレのひとつが、料理にハーブやスパイスを使うこと

「ハーブやスパイスの持つ香りや色、苦み、辛みなどは、植物が外敵から自らを守るために作り出す成分。人間に有益な役割を果たすものもあり、今回は香りに注目。たとえば代表的な香りの成分がα-ピネン。この香りは針葉樹にも含まれていて、森林浴をすると心身が癒やされるのは、α-ピネンをはじめ、さまざまな植物由来の芳香物質の恩恵といわれます」

さらにハーブやスパイスの香りには消化促進効果があるものも。

「食事を摂ると消化吸収機能が促され、副交感神経が活性化。さらにハーブやスパイスを料理に取り入れれば香りでリラックスでき、消化も促されて効果がアップ

少々ハードルの高かったハーブも近年は入手も手軽に。簡単レシピやドリンクに挑戦してみよう。

アボカドバジルの納豆ごはん

アボカドバジルの納豆ごはん

バジルは納豆とも好相性。抗酸化力の高いビタミンE豊富なアボカドも組み合わせれば、ストレスケア丼が出来上がり。

今回使用するハーブ

【バジル】

バジル

イタリアなどの地中海料理、タイ料理でもおなじみ。甘くスパイシーで芳しい香りには鎮静作用のある香り成分リナロールが含まれていて、気持ちを和らげると同時に前向きにしてくれる

材料(1人分)

  • ひきわり納豆…1パック
  • 醬油…適量
  • アボカド…1/2個
  • バジル…4枚
  • ごはん…茶碗1杯

作り方

  1. ひきわり納豆を混ぜて醬油を加える。
  2. アボカドの皮を剝き、一口大に切る。
  3. 茶碗にごはんをよそい、12を乗せ、バジルをちぎって散らす。

取材・文/小沢緑子 撮影/大嶋千尋 スタイリスト/矢口紀子 取材協力・料理製作・栄養監修/石松佑梨(ウェルネスコンサルタント、管理栄養士)

初出『Tarzan』No.858・2023年6月8日発売

Share

関連記事:

Share