自宅でプルプル二の腕を引き締める。
走ることが疲労回復につながる理由と気をつけるべきこと。
酔った時に食べ過ぎを防ぐためにできること。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
手軽なものから本格派まで。自宅ジム化に必要なギア一覧。
筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
マッサージガンを活用して腰痛を改善しよう。
  • 公開:

運動も食事も無頓着。ハナコの基礎代謝量、測ってみました

ハナコ

ハナコ/(左から)菊田竜大さん、秋山寛貴さん、岡部大さん。2014年結成。2018年『キングオブコント2018』で優勝。『ワタナベお笑いNo.1決定戦』でも2連覇。大人から子どもまで幅広い層に愛されるクオリティの高いコントに定評がある。現在、NTV『有吉の壁』、CX『新しいカギ』などに出演中。YouTube Chは『ハナチャン』。

キングオブコント優勝歴もある実力派トリオ〈ハナコ〉。30代に突入し、じわじわとカラダの変化を感じているものの、運動や食事に無頓着な3人が基礎代謝量を測定してみた。すると、驚くことに3人とも肥満気味であることが発覚。管理栄養士・佐藤和奏さんからのフィードバックも。

Share

「代謝」って意識したことありますか?

——キングオブコント優勝歴もある実力派トリオ〈ハナコ〉。代謝のことを意識したことがある人は?

秋山さん
ないですね。そもそも基礎代謝量って?

岡部さん
あとで測定前に簡単にレクチャーするよ。

菊田さん
岡部は大学がスポーツ科学専攻だし、ジムで一時期アルバイトしてたから。

——ではハナコの中で基礎代謝量が一番高いのは誰か予測してもらおう。

岡部さん
基礎代謝量が高いのは秋山じゃないかなあ。なかなかいいカラダで。

菊田さん
体型、ずっと一緒じゃない?

秋山さん
徐々に太ってきましたよ。20代は深夜に食べても体重は変わらなかったのに、30歳の今、食べたものが全部脂肪に。代謝が下がったのかも。

岡部さん
菊田は一見痩せてるけど…

菊田さん
うん、着痩せ。代謝はマジ低いと思う! カラダにいいことは何もしてないもん。奥さんに「サラダは食べなさい」と言われるから、それだけ。案外岡部が一番代謝が高い可能性もあると思う。人一倍汗かくし。

岡部さん
まあでも…代謝が高ければ、こんな体型にならない気もするけど。

秋山さん
そういえば、トリオ組みたての頃は岡部が3人の中で一番痩せてた

岡部さん
当時はベンチも高重量挙げてたなー。結局、運動量は減ったのに食事量は変わってないから、今の体重がマックス。一昨年は大食いの仕事を多くやり1年間で12kg増、その名残で去年も3kg増えてこの通り…。

意外?妥当? 測定の結果は…

——さあ、混迷を極めたところで測定。気になる3人の測定値が揃った。

ハナコの基礎代謝を測定!

ハナコ

菊田さんの検査結果

ハナコ・菊田さんの基礎代謝量 検査結果

秋山さんの検査結果

ハナコ・秋山さんの基礎代謝量 検査結果

岡部さんの検査結果

ハナコ・岡部さんの基礎代謝量 検査結果

※身長と体重を基準とした標準値を100とし、インボディの機器から算出された数値をもとに、『Tarzan』が独自に導き出した点数です。

菊田さん
秋山、案外体脂肪あるね。体型も“適正”と“やや肥満”の境目だって。岡部はやっぱすげーなあ! 体重も体脂肪率もだけど…基礎代謝量、平均値より200キロカロリー近く高いじゃん。

秋山さん
岡部は筋肉量も比較的多い。

菊田さん
え、俺が基礎代謝量一番低い? 体脂肪は多いのに筋肉量少ない。

岡部さん
運動も大事だよな〜。たまに体重計乗って100kg目前だと95kgになるまで延々とスクワットはする

菊田さん
俺が前に太った時、確かに岡部にスクワットを教わったわ!

秋山さん
やっぱ運動しないとな。僕はたまに移動で20〜30分歩く程度。

岡部さん
一気に痩せたいとは言わないけど、せめて90㎏台から脱したい。コントで女装をよくやるけど、彼氏役の秋山や菊田と並んだ時に自分が大きすぎて世界観が崩れそうに(苦笑)。

菊田さん
俺は体型よりは、背中や腰を痛めやすいのをなんとかしたい。

秋山さん
僕はただ痩せるだけじゃなくて、長期的に見て筋肉をつけたいかも。

岡部さん
僕は潜在能力(笑)があったので、あと活動代謝を増やせば食事で無理せず痩せられる気がしてきた!

3人が代謝アップを狙うには?

——ここで〈インボディ・ジャパン〉の管理栄養士・佐藤和奏さんからのフィードバックを。

「筋肉量を増やす運動と、基礎代謝量に見合った食事によって基礎代謝量の維持&向上を期待できます。菊田さんはタンパク質の摂取量を増やしつつ運動。秋山さんはエネルギー不足にならない食事を意識。岡部さんは運動による消費カロリーを増やす。方法は違いますが、どれも代謝に有効です」

秋山さんのようにあまり食べない人も太りやすくなることがある、と佐藤さん。

「欠食によるエネルギー不足が続くと、脳が飢餓状態と判断して筋肉を分解し、筋肉量が減少。少量でも朝食を摂れば必要なエネルギー量が増え、胃腸の動きが活発になり体温が上昇、基礎代謝量の向上にも繫がります」

岡部さんのように筋肉量だけでなく体脂肪量も多い人は、健康維持のためにも減量を。

「基礎代謝量と筋肉量を極力下げずに体脂肪を減らすには、運動で消費カロリーを増やすのがベスト。普段からなるべく階段を使ったり、食べ過ぎを防ぐためによく嚙んだりと、日常的に意識して体質改善しましょう」

菊田さんのような“隠れ肥満”が見直すべきはPFCバランス

「今の食事におけるC(炭水化物)は適正量を維持し、F(脂質)の割合を減らし、その分P(タンパク質)を増やして調節を。豚バラでなく豚ロース、サラダ油をMCTオイルにするなど上質な油も意識。さらに筋トレなどを習慣にして筋肉をつけると改善されます」

取材・文/門上奈央 撮影/中島慶子 スタイリスト/作山直紀 ヘア&メイク/河口ナオ 取材協力/インボディ・ジャパン

初出『Tarzan』No.839・2022年8月10日発売

関連記事:

Share