デスクでできるながら筋トレで体幹を活性化。
膝に違和感を感じたら。やわらかい膝を手に入れる
寝る前のストレッチで、疲れを解消。
糖質オフの秘密兵器は、さつま芋とお豆です。
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
肥満タイプをチェック!あなたはどのタイプ?
リモートワークで落ちた筋肉を劇的に復活させる下半身トレ。
痩せたい人に最適な「ミトコンドリアに効く筋トレ」。
  • 公開:

しなやかな動きをつくる。背骨の左右差を整えるピラティス

左右バランスを整える ピラティス サイド・ベンド

カラダには必ずと言っていいほど、左右差がある人がほとんど。特に背骨は、動作で左右差が生まれやすい。そこで、今回は背骨全体をしなやかに動かし、左右のバランスを整えるピラティスを紹介。

Share

重要部位「背骨」の左右差を整える

人間には利き手、利き足があるように、左右差は宿命的に存在する。それは仕方ないが、左右でカラダの使い方が違うというのは問題だ。

それを象徴するのが背骨。このメソッドはカラダを側屈させることがテーマだが、意識してほしいことがある。それは背骨全体をしなやかに曲げること。

背骨は椎骨という骨が繫がって連結しているが、たとえば左にカラダを傾けたときは上背部の椎骨が極度に曲がり、右に曲げたときには下部だけが曲がるようではいけない。一部だけが大きく曲がると、そこだけに負担がかかってしまう。

だから、左右とも椎骨一つひとつを伸ばすように意識して、局所的にではなく全体を均等に曲げることが重要。これができれば、しなやかに動けるようになるし、過度な負担による、などの痛みも回避できる。

サイド・ベンドのやり方

サイド・ベンド やり方 1

① 片側の腕を伸ばして手のひらを床につけ、上体を斜めに倒して横向きに座る。上側の膝を立てて、下側の足の前に置く。反対の腕の肘を軽く曲げ、手首を膝の上に乗せる。

サイド・ベンド やり方 2

② 息を吸いながら、尻を床から浮かせてゆっくりと持ち上げ、同時に腕も上げる。このとき、床についた手は、床を押し下げるように力を入れる。

サイド・ベンド やり方 3

③ さらに尻を上げ、腕と脚を伸ばす。指先と足先で、体側を引っ張り合うような意識で行う。十分に伸びたら、息を吐きながらスタートポジションに。5回繰り返し、反対側も5回。

カラダを整えるピラティス実践のポイント

凝り固まったカラダのケアとして定番のストレッチ。でも、せっかくストレッチで筋肉を伸ばしても、いつもの生活の習慣やクセで、カラダは少しずつ元の状態に戻ってしまう。よい状態をずっと留めておくには、仕上げにトレーニングを行うのが一番。それにはピラティスがいいだろう。

「いつ、どんなときにも正しい姿勢を維持して動けるようになります」と、トレーナーの菅原順二さん。行うときには重要なポイントがある。

「一つはエロンゲーションピラティスでは、立位や座位での正しい姿勢を維持するには、重力による下向きの力に対して、自分で伸びる上向きの力が重要と考えています。これがエロンゲーションで、頭が上方に引っ張られて背骨が伸びるイメージを常に持ちながらメソッドを行ってください。同様に、指先はカラダの中心からより遠くに。足は押し下げるように意識しましょう(下写真)」

エロンゲーション ポイント

重力に対して、自分で伸びる方向の力。これがエロンゲーション。メソッド中は意識したい。指先も遠くに、足は押し下げるようなイメージを持って、ゆっくりと動いていこう。

メソッドでは動きを止めないこともポイント。ゆっくりと動いてポジションを変えることで、全身が鍛えられる。ラクに美しく動けるようになろう。

取材・文/鈴木一朗 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/大谷亮治 編集/堀越和幸 実演/佐川裕香 監修/菅原順二(アランチャ)

初出『Tarzan』No.838・2022年7月21日発売

Share