運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
リンパマッサージで老廃物を優しく流す。
空腹でランニングした方が痩せやすい?
自宅にあると心強い! プロが選んだ常備薬。
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
鍛えられた肉体美を眺めて、自らを奮い立たせる。
骨盤を意識したウォーキングで腹を絞ろう。
  • 公開:

[パリ発]ヨガから着想した新エクササイズ「テンション・オフ」とは?

オステオパシー カラダを正す新メソッド

世界中からフィットネスの最新事情を集めた「WORLD FITNESS NEWS」。今回はパリで生まれた、カラダを正す新メソッドの話題をお届けします。

Share

腰痛・肩こりに期待大。カラダを正す新メソッドとは?

腰痛肩こり、関節痛などで悩む人にお薦めの「テンション・オフ」は、手で筋肉や関節、内臓、神経、膜組織などの緊張を緩める療法「オステオパシー」や理学療法を組み合わせた新しいエクササイズ。

ストレッチヨガピラティスから着想したポーズを組み合わせ、柔軟性や筋力を養い、姿勢を正すことが目的だ。

セッションは30~45分。背骨の稼働性を高めるためのストレッチや、腹筋や深層筋を鍛えるエクササイズを床やヨガマットの上、または立位で行い、バランスのとれたカラダづくりを目指す。

パリのヒップなエリアに展開するスポーツクラブ〈リュジーヌ〉では30分クラスを開講。フランスセレブも足繁く通う。www.usinesportsclub.com

ときには木のスティックゴムバンドダンベルなどを使いカラダのアライメントを調整することも。

メリットは初回から効果が実感できること。あらゆる筋肉が伸び、エクササイズ終了時にはカラダが軽くなった感覚を味わえる。年齢にかかわらず受講が可能なのも嬉しい。

Reporter

KIDO MIYUKI/パリ在住歴20年。ウェブマガジン『memorandom.tokyo』で「今夜のワインと明日のパン」を連載中。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.832・2022年4月21日発売

Share