運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
肥満タイプをチェック!あなたはどのタイプ?
ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
デスクワークで凝り固まった肩へ3ステップアプローチ。
走ることが疲労回復につながる理由と気をつけるべきこと。
  • 公開:

鮭のクリームコーン鍋|内臓脂肪減の「ひとり鍋レシピ」

鮭のクリームコーン鍋

調理に油脂を使わない。野菜がたっぷり食べられる。グツグツ煮えた煮汁とともにいただけば、低カロリーなのに満腹満足。そんな鍋料理は健康なカラダづくりの最強の味方。今回は簡単一人小鍋「鮭のクリームコーン鍋」のレシピを紹介!

Share

鮭のクリームコーン鍋

鮭のクリームコーン鍋

シイタケの水溶性食物繊維、鮭のオメガ3系脂肪酸、脂肪燃焼作用のある胡椒のピペリンオリゴ糖豊富な豆乳と、内臓脂肪減にひと役買う4つの要素をすべて備えたレシピ。食せばすべての恩恵にあずかれる。さらにクリームコーンが〆の炭水化物の役割を果たして満ち足りる。

今回の内臓脂肪減に役立つ食材

・脂肪燃焼サポート…胡椒:スパイスに含まれる機能性成分が代謝を高め、内臓脂肪を分解。

・水溶性食物繊維…しいたけ:水溶性食物繊維は水分を吸収し、糖質の消化吸収スピードを下げ、満腹感をもたらす。

・腸内環境を整える…豆乳:腸内の善玉菌のエサになるオリゴ糖摂取で、脂肪燃焼を促す短鎖脂肪酸を作り出す。

・オメガ3系脂肪酸…鮭:魚由来のオメガ3系脂肪酸は脂質の代謝を促し、血液サラサラ作用もあり。

材料(1人分)

  • 生鮭切り身(アトランティックサーモン)…1切れ
  • アスパラガス…4本(80g)
  • シイタケ…6枚(90g) 
  • [A]
    • 調製豆乳…1カップ
    • クリームコーン缶…1/2カップ
    • 顆粒コンソメ…小さじ1
    • 練り辛子…小さじ1
    • 粗挽き黒胡椒…適量

作り方

  1. 生鮭は鍋の準備ができるまでキッチンペーパーなどで包み水気を取っておく。アスパラガスは指で食べやすい長さに折る。シイタケは汚れていれば石突きを取り除き、かさを半分に裂く。
  2. 鍋に[A]を入れて混ぜ火にかける。煮立ったら1を入れ、火が通ったものから食べる。

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 取材協力・料理・スタイリング/美才治真澄(管理栄養士) 編集/阿部優子

初出『Tarzan』No.825・2022年1月4日発売

関連記事:

Share