• 公開:

トレーナーが語る、注目食材「オートミール&スーパー大麦」活用術

発酵性食物繊維を含む食材で最近注目されているのがオートミールとスーパー大麦。本誌おなじみのトレーナーが語るその魅力とは?

Share

岡田隆さん

岡田隆さん

教えてくれた人

1980年生まれ。日本体育大学体育学部准教授。バズーカ岡田として各メディアで筋トレを解説。2016年日本社会人ボディビル選手権大会優勝の実績を持つ。

河村玲子さん

河村玲子さん

教えてくれた人

1985年生まれ。メンタル&フィジカルサポートスーパーバイザー、管理栄養士。フィジカルとメンタルに加え栄養面でも専門的な指導が行える稀有な存在。

調理の幅も広いオートーミールの魅力。

岡田 ボディビルダーの間では、以前から低糖質で低カロリー、それでいて食物繊維が豊富な食材としてオートミールが親しまれてきました。

僕自身は近年頻度は減りましたが、リゾット風にしてお茶漬けの素を振りかけて食べたりチョコ味のプロテインと合わせてスイーツ風にしたりと、いろいろと試しましたよ。

河村 私もオートミールはずっと気になっていて、5年前クッキー作りに使ってみたのが最初の出合い。よくやるのはギリシャヨーグルトと混ぜ合わせて冷蔵庫に一晩寝かせ、冷凍の果物を合わせる朝のスイーツ的な食べ方。間食系が多いですね。

岡田 それはおいしそうだ。でもここまで食物繊維が摂れる穀物ってそうありません。野菜だけでは食物繊維を十分に摂れませんしね。

河村 元となるオーツ麦に含まれる食物繊維には小腸での栄養素の吸収速度を緩やかにしたり血糖値の上昇を抑えたり、さらには整腸作用も。穀物の外皮も一緒に摂れるので食物繊維の含有量がすごいんです。

食感もクセになるスーパー大麦の魅力。

岡田 スーパー大麦はどうですか? 僕は4年前から食べ始めました。そのままご飯と炊いて食べることが多いですが、甘みがあるし、しっかり嚙むのですぐ満腹になる。数日で腸の動きが劇的に改善して驚きました。

ボディビルの試合が近づくといつも腸内環境が乱れがちになるのですが、近年はスーパー大麦のおかげで快調そのものです(笑)。

河村 私は玄米に混ぜて炊きますが、プチプチした食感が好みなのであえて吸水させません。カレーなどによく合いますね。あと、そのまま炊いてオリーブオイルで混ぜ、野菜と合わせると食物繊維とビタミン豊富なライスサラダの出来上がり。

スーパー大麦も整腸作用血糖値の上昇を抑える効果があってダイエットに最適だし、不足しがちな食物繊維を補える食材だと思います。

岡田 アレンジ次第でバラエティが広がるんですね。勉強になるなあ。トレーニーも食物繊維は結構不足しがちで、それで肝心な時期にうまく減量できないことが多いんです。普段からもっと意識的にオートミールやスーパー大麦を取り入れるよう皆さんにオススメしたいですね。

取材・文/黒田 創 撮影/小川朋央 監修/岸村康代(管理栄養士、フードプランナー)

初出『Tarzan』No.817・2021年8月26日発売

Share