• キング・オブ・上半身トレ「プッシュアップ」カタログ【上級編】
TRAINING
2021.04.22

キング・オブ・上半身トレ「プッシュアップ」カタログ【上級編】

「プッシュアップ」カタログ28|上級

上半身トレに効果的な「プッシュアップ」のバリエーションを28種目、レベル別で紹介! 時間がなくてもこれさえやれば上半身はきっちり鍛えられる。今回は大胸筋や三角筋をさらに攻める「上級編」。

慣れぬ動きで追い込む上級編。

上半身トレの王道、プッシュアップ大胸筋まわりを鍛えるのが本来の目的だが、そのバリエーションは広く、レベルが上がれば体幹や腹筋など全身トレーニングにも。

レベル1から徐々にレベルアップしてもいいし、ある程度できる人はどのレベルから始めてもOK。正しいフォームで行い、規定の回数をこなせたら次のレベルに進もう。

プッシュアップ中級編|レベル16〜23

1/20

レベル16|パイクプッシュアップ(8回)

パイクプッシュアップ
  1. 足を椅子の座面に乗せ、手と頭を床につける。
  2. 顎を引き頭を肩の内側に入れる。
  3. 次に尻を天井に突き上げるイメージで両肘を伸ばしてカラダを上げ、元に戻す。
  4. 上体が常に床と垂直になるよう意識。三角筋を鍛えられる。

レベル17|プッシュアップサイドプランク(各4回)

プッシュアップサイドプランク
  1. フロアプッシュアップの姿勢をとる。
  2. 肘を曲げカラダを沈めたら左手で床をグッと押してカラダを開き、左手を真上に。
  3. 2秒キープしたら最初の姿勢に戻る。
  4. 反対側も同様に。脇腹を中心に体軸を保つ意識が高められる。

レベル18|サイドスライドプッシュアップ(各4回)

サイドスライドプッシュアップ
  1. フロアプッシュアップの姿勢をとり、手の幅を肩幅の1.5倍程度に開く。
  2. 次に重心を左に寄せて腕立て伏せを行う。
  3. 元に戻したら続けて重心を右に寄せ同様に行う。
  4. 片方の肩まわりに強い負荷がかけられるのがポイント。

レベル19|フィンガープッシュアップ(8回)

フィンガープッシュアップ
  1. 基本のフォームはフロアプッシュアップと同様。
  2. 手のひらではなく指先でカラダを支えて腕立て伏せを行う。
  3. 特に前腕の筋肉や手の指に強い刺激が与えられるが、ケガには十分注意。
  4. 難しければ膝をついてもOKだ。

レベル20|ライオンプッシュアップ(8回)

ライオンプッシュアップ
  1. 両手を肩幅より広めに開いてうつ伏せに。両足は腰幅の2倍の広さに。
  2. 次に尻を天井に向けて突き上げる。
  3. 肘を曲げ顔と胸を床ぎりぎりまで近づけ、重心を前へ。
  4. 続けて顔を上げお腹を床に近づけたら、両手で床を押して上体を反らし、元の位置に。
  5. 柔軟運動やヨガの要素が含まれる。

レベル21|クラッププライオプッシュアップ(8回)

クラッププライオプッシュアップ
  1. フロアプッシュアップの姿勢をとり、カラダを沈め、胸を床ぎりぎりに近づける。
  2. 次に両手で床を勢いよく押して上半身を高く浮かせる。
  3. 手を叩いたらすかさず着地。
  4. カラダをバネのように使い、タイミングよく行うこと。

レベル22|プッシュアップジャンプフル(8回)

プッシュアップジャンプフル
  1. フロアプッシュアップの姿勢をとる。
  2. カラダを沈め、胸を床ぎりぎりに近づける。
  3. そこから全身をバネのように使い両手両足を浮かせ、着地。
  4. これを繰り返す。三角筋に大きな負荷がかかるので初心者はやらないこと。

レベル23|リバースライオンプッシュアップ(8回)

リバースライオンプッシュアップ
  1. レベル20と逆の動き。
  2. 両手を肩幅より広めに、両足は腰幅の倍の広さに開く。
  3. うつ伏せになり上体を大きく反らす。
  4. 次に上体を下げ胸を床ぎりぎりに近づけ、カラダを後ろにスライドさせつつ腰を起こす。
  5. 流れるように行う。ストレッチの要素を含む複合運動。

最後の「マスター」クラス、レベル24以上のプッシュアップは、明日以降公開予定。

レベルが上がるごとにその奥深さがわかるはず。プッシュアップを極める者は、上半身トレを極めるのだ。

取材・文/黒田創 撮影/小川朋央 スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/天野誠吾 監修/澤木一貴(SAWAKI GYM)

初出『Tarzan』No.805・2021年2月25日発売

Special