5種目30分でヒップアップを目指す!
病気の原因にも⁉︎いびきの基本〜対処法を知ろう。
3ステップ10分で背中の凝りを解消しよう。
筋肉に効く、ゆっくり下ろす「エキセン」って?
症状別ペアストレッチで、運動不足の体を整える。
走ることが疲労回復につながる理由と気をつけるべきこと。
筋力アップを狙えるヨガポーズ4選。
ベッドの上でできる!寝起きの腰のだるさをストレッチで解消。
  • 公開:

ロンドンから始まった、他人と競わないランイベント『パークラン』

他人と競わないランイベント『パークラン』

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回はロンドンで始まり、現在では20か国2200か所以上のロケーションで開催されているランイベント『パークラン』について。

自分のペースで走る、他人と競わないランイベント

毎週土曜日の午前9時から国内各地の公園などで行われている『パークラン』は、健康とウェルビーイングのためのチャリティ団体が運営するランイベント。

他人と競わないランイベント『パークラン』

©parkrun Global

年齢・性別・国籍など条件を問わず誰もが無料で参加できるもので、2004年にロンドンのブッシーパークで始まった。

当初は13人のランナーと5人のボランティアのみの参加だったが、今では20か国2200か所以上のロケーションで展開するまでに。

他人と競わないランイベント『パークラン』

世界中で850万人のランナー、50万人のボランティアが登録済み。一度オンライン登録すると他国のイベントにも参加可能。旅先で参加している人も多いという。©parkrun Global

ウォーキングをする人、ベビーカーを押しながら走る人など自分のペースで楽しめることが魅力となり、多くの参加者を集めるようになった。さらに25回や50回という節目の参加回数に到達するとウェブサイトから数字入りのウェア等を購入できるお楽しみも。

イベントではそうしたウェアを着て走る人の姿が各所で見られ、コミュニティとしての魅力アップにつながっているという。

COORDINATOR

NOMURA AYA/在英17年。コロナ下にあった3年前から始めたランニングとサワードウブレッド作りに翻弄される日々。目下の目標はフルマラソンを走ること!

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.871・2024年1月4日発売

Share

関連記事:

Share