筋トレ前のストレッチはこの4種目を!
週2日の筋トレで腕は太くなる。
肩こり・腰痛改善のための「ゆったり太極拳」
腹を割るなら食事から!8つのルールを守ろう。
プッシュアップに慣れたら、強度を上げてみよう!
5つのヨガポーズで“反り腰”を改善!
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
5種目30分でヒップアップを目指す!
  • 公開:

【25分レシピ】チキンチャーシュー:難しくない健康料理

チキンチャーシュー

買い出しが面倒、洗い物が手間。そんな理由で自炊を敬遠していてはカラダも泣くというもの。健康面を考えつつも食べ飽きのしない料理のひとつやふたつはレパートリーとして持っておきたい。短い時間で大量にできて、なによりうまい“難しくない健康料理”教えます。今回は、手間は最小なのに低糖質なごちそう主菜、チキンチャーシューのレシピを紹介。

教えてくれた人:エダジュンさん

管理栄養士、フードスペシャリストなどの資格を持つ料理研究家。レシピ本執筆やメディア出演のほか、料理教室の主宰、社員食堂のプロデュースなど多方面で活躍。

手間最小のほったらかし料理! チキンチャーシュー

健康ポイント:低糖質

所要時間は25分と比較的長いので、もしや相当手の込んだ料理?と思いきや、たれに漬け込んでレンチンすれば出来上がる。漬け込み時間とレンチン後に寝かせる時間が計20分というだけ。

低糖質レシピなのでたれに砂糖を使っていませんが、十分美味しく仕上がります。レンジで加熱するときは最初に皮目を下にするのがコツ。熱で皮が縮んでしまうのを防げます」

ごちそう主菜はほったらかして待て。

チキンチャーシュー

材料

  • 鶏もも肉:1枚(250g)
  • A
    • すりおろしニンニク:小さじ1/2
    • 醬油:大さじ2
    • 酒:大さじ1
    • 水:大さじ1

作り方

  1. 鶏もも肉に[A]を揉み込み10分以上置く。
  2. 耐熱ボウルに1の鶏肉を皮目が下になるようにして置き、ラップをして電子レンジ600Wで2分温める。ひっくり返して再度2分温めたら、そのままレンジ庫内で10分ほど置く。
  3. 食べやすい大きさに削ぎ切りにして完成。
料理が余ったら…
  • 角切りにして、サラダのトッピングや冷や奴に
  • 半熟の卵と絡めてごはんの上に乗せ、親子丼風に

取材・文/石飛カノ 撮影/五十嵐一晴 料理製作/エダジュン(管理栄養士) 撮影協力/UTUWA

初出『Tarzan』No.859・2023年6月22日発売

Share

関連記事:

Share