背中を広く厚くするなら、ロウイングがおすすめ。
初心者ランナーのプチトラブル解決策
「大胸筋の中央」を深掘りするトレーニング。
腹直筋狙いで腹を割る自体重トレをマスターしよう。
筋合成を高める「微量栄養素」に注目。
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
危険な血糖値スパイク。あなたは大丈夫?
毎日やろう!食欲を抑える簡単ストレッチ。
  • 公開:

鮭とば・鶏肉・きのこと炊く|カラダ作りの炊き込みご飯

鮭とばと鶏肉の炊き込みご飯

トレーニングでカラダ作りをするならば、自宅の食事も大切。そこでおすすめなのが、簡単に作ることができて栄養バランスを整えやすい炊き込みご飯。今回は抗酸化作用や体脂肪を減らす作用があるEPAやDHA、血糖値上昇を穏やかにするβ-グルカンを含む「鮭とばと鶏肉の炊き込みご飯」のレシピを紹介。

鮭とばと鶏肉の炊き込みご飯|ビタミンDでタンパク質合成を高める

鮭とばと鶏肉の炊き込みご飯

※エネルギー量、栄養素量は1杯=150gを目安。糖質は炭水化物から食物繊維総量を差し引いた値を用いています。

鮭とばはオメガ3系脂肪酸であるEPADHAが豊富。血液中の中性脂肪濃度を低下させ、抗酸化作用や体脂肪を減らす作用もある。マイタケは水溶性食物繊維β-グルカンを含み血糖値上昇を穏やかにする。

材料(約7膳分)

鮭とばと鶏肉の炊き込みご飯 材料

  • 米…3合
  • 鶏胸挽き肉…100g
  • 鮭とば(ソフトタイプ)…30g
  • マイタケ…1パック(80g)
  • 乾燥刻み昆布…5g
  • ニンジン…50g
  • 絹さや…20g
  • 醬油…大さじ1
  • みりん…大さじ1
  • 塩…小さじ1/3

作り方

  1. 鮭とばは食べやすくほぐす。刻み昆布はさっと洗う。マイタケをほぐし、ニンジンは短冊切りにする。
  2. 研いだ米に、1、鶏挽き肉をほぐして入れ、醬油、みりん、塩を加え、3合ラインまで水を注ぎ、炊く。
  3. 炊き上がったら筋を取り除いて半分に切った絹さやを加えてさっと混ぜ、蓋をして10分ほど蒸らす。

編集・文/本田賢一朗 撮影/大嶋千尋 レシピ・料理・栄養監修/牛尾理恵

初出『Tarzan』No.852・2023年3月9日発売

Share

関連記事:

Share