ランニング後の疲労回復ストレッチ。
細マッチョになりたいない、短距離ラン!
AYAさん直伝の筋トレで腹をイジメたい!
なぜオートミールがブームなの?
「筋トレでダイエット」するならこの6つを心得よ。
筋合成を高める「微量栄養素」に注目。
女性の更年期症状を和らげるためにできること。
1日3回の簡単体操で「立ち姿勢」を正す。
  • 公開:

10kgの減量に成功!松丸亮吾さんがジョグを習慣化できたマイルール

松丸亮吾さん

松丸亮吾さん(まつまる・りょうご)/1995年生まれ。東京大学入学後、謎解き制作サークルの代表を務め、2019年、東大発の謎解きクリエイター集団RIDDLER(株)を立ち上げる。監修の『東大ナゾトレ』シリーズをはじめ書籍も多数手がける。

謎解き番組でお馴染みの松丸亮吾さん。もともと体重の増減が激しく、減量目的で走ってはやめ、というのを繰り返すのがお決まりのパターンになっていたというが、マイルールを設け、毎日のジョグが習慣に。1年間で10kgの減量にも成功した松丸さんの習慣化に成功した秘訣とは?

減量目的で走って3か月で挫折。アニメで、この悪循環を断てた。

小学生の頃、体重が50kgあり“まるまる”の愛称もあったという松丸亮吾さん。もともと体重の増減が激しく、減量目的で走ってはやめ、を繰り返してきた

「僕はランニングをして1か月で5kg落とせたことはなく、せいぜい1kg程度。走るのが好きなわけでもなかったから3か月ほど続いた頃に飽きて挫折。これがお決まりのパターンでした」

だが1年前にネットで特価になったルームランナーを見つけ、購入を決意。

「当時テレワークで集中が切れた時にできる、いい気分転換を求めていて。スマホで動画を見てゴロゴロしていると罪悪感がすごいし、外出自粛で増えた体重と、運動不足も気になっていました。でも外を走るのは億劫。

そんな僕にとってルームランナーなら隙間時間にすぐ走れるし、動画を流せばツラさが紛れる。そこで“ジョギング中しか大好きなアニメを見てはいけない”というルールを決め、時速7.5kmで40分間、毎日走ることにしました」

松丸亮吾さん

この作戦がハマり10kg減を達成。

「アニメを見られると思えば、必然的に習慣化できます。大事なのは自分で決めたルールは鋼の意志で守ること! あと減量目的でも体重の増減にとらわれず、それ以外にやり甲斐を見出せると軌道に乗せやすい。

また、僕は簡単な運動着にアップルウォッチだけつけて走りますが、走る前の億劫さを減らすための工夫ができたら、走るのが苦手な人も継続が簡単になるはずです」

ジョグで10kgの減量に成功!

松丸亮吾さん

60kg切るのを目標にジョグを始めた1年前は、体重67kg。現在の体重は57kg。「今は筋肉をつけて腹筋を割りたい。好きな食べ物を我慢せず楽しみたいのでジョグも続けます!」。

取材・文/門上奈央 撮影/中島慶子 スタイリスト/伊達祐輔 ヘア&メイク/大室愛

初出『Tarzan』No.851・2023年2月22日発売

Share

関連記事:

Share