自律神経に働きかけ、リラックスを促すヨガポーズ。
毎日やろう!食欲を抑える簡単ストレッチ。
ハンドスタンドで逞しい肩と腕を手に入れる。
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
腹筋をまんべんなく刺激「リバースクランチ」。
「有酸素×筋トレ」のメソッドで免疫力アップ
ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
筋力アップを狙えるヨガポーズ4選。
  • 公開:

膝痛を感じるときに。トリガーポイントを刺激するケア2つ

膝痛 対策 マッサージ

悩みを抱えた脚には、強めに刺激すると周辺まで響く痛みを発する場所が必ずあるはず。それがトリガーポイント。麺棒(または食品ラップの芯)などを活用し、トリガーポイントを集中的にマッサージすると、脚の痛みやだるさが軽くなる。今回は膝痛を和らげる太腿&ふくらはぎのトリガーポイントケアを紹介。

Share

川口陽海さん

川口陽海さん

教えてくれた人

かわぐち・はるみ 腰痛トレーニング研究所/さくら治療院院長。鍼灸師。トリガーポイントマッサージと体幹トレの組み合わせで、長年苦しんだ自らの腰痛を治し、その経験を踏まえた施術を行っている。

膝の痛みの大半は、膝そのものに引き金があるわけではない。膝に加わる負担を担うのは、太腿前側の大腿四頭筋とふくらはぎの下腿三頭筋(表層の腓腹筋と深層のヒラメ筋)。これらの筋肉が硬くなり、機能不全に陥る状況をリセットしてやれば、膝痛は軽くなる

① 下腿三頭筋のマッサージ

下腿三頭筋のマッサージ

椅子に坐り、痛みを感じる側の爪先を、反対側の太腿に乗せる。両手でふくらはぎの膨らみを持ち、つまんだり離したりを繰り返しながら、ふくらはぎの中央から足首までの間でマッサージする。

余裕があれば、ふくらはぎの中央から膝下まで、腓腹筋もマッサージ。

② 大腿四頭筋のマッサージ

大腿四頭筋のマッサージ

椅子に坐り、痛みを感じる側の太腿の上から麺棒(または食品ラップの芯)を押し当てる。痛みが周辺に広がるトリガーポイントを探しながら、麺棒を真上から強く押し当てたり、転がしたりする。

取材・文/井上健二 撮影/マルコ・ペルボニ スタイリスト/高島聖子 ヘア&メイク/村田真弓 マッサージ監修/川口陽海(腰痛トレーニング研究所代表、鍼灸師)

初出『Tarzan』No.845・2022年11月2日発売

関連記事:

Share