• トレランにぴったりなのはこの4足【目的別シューズガイド2020春】
RUN
2020.03.03

トレランにぴったりなのはこの4足【目的別シューズガイド2020春】

目的別シューズガイド(トレラン編)

走る場所、走る距離、走る速度。シーンに適したシューズを選べば、快適に走れてケガのリスクも減少。そして目標達成が近づく!

さまざまな路面、シーンへの対応力の高さが必須。

山野などの未舗装路を走るトレイルランニング。当然、ロードを走るシューズとは異なる機能が求められる。

最も異なるのはアウトソールの設計。ぬかるみ、岩場などを走ることが多いトレイルランニングの場合、ロード用シューズのようなアウトソールではグリップが利かない。さまざまな路面に対応できるよう、素材やパターンに工夫がされている。

レースが長時間に及ぶことも多いため、サポート性の高さも重要な要素だろう。

1. COLUMBIA MONTRAIL《COLUMBIA MONTRAIL FKT》

1/20
COLUMBIA MONTRAIL FKT top/outsole
価格:14,000円(税抜き)。サイズ:25.0〜29.0・30.0cm。問い合わせ:コロンビアスポーツウェアジャパン tel.0120-193803。
COLUMBIA MONTRAIL FKT zoom
ストレッチ性の高いパワーメッシュがアッパーとシュータンをつなぐ構造。足を包み込むような心地よいフィット感を実現している。

人気モデル《バハダ》をベースに開発された新たなオールラウンダー。アッパーは高い通気性と耐久性を両立。TPUのヒールカウンターにより、優れたホールド力も実現している。ミッドソールは、クッション性と同時に、ブレのない安定性も確保。トレイルからの衝撃を吸収しながら、高い走破性を提供する。加えてフィット感もいい。

2. MERRELL 《MTL LONG SKY》

1/20
MTL LONG SKY top/outsole
価格:14,000円(税抜き)。サイズ:25.0〜28.0・29.0・30.0cm。問い合わせ:丸紅フットウェア tel.03-3665-1789。
MTL LONG SKY zoom
ブーティ構造の採用により、フィット感、足の固定性が高く、長時間のランも快適に行える。また、小石などがシューズ内に入りにくい。

長距離を走るトレイルランナーをサポートするため、アンバサダーによるテストを繰り返して開発されたモデル。ランナーが必要なものを全て搭載し、不必要なものを全て取り除くことを目指して作られたシューズは、屈曲性を向上させるために、アウトソールを前後でカットするなど、隅々まで気配りがされている。安定性の高さも魅力の一つ。

3. SALOMON 《SENSE RIDE 3》

1/20
SENSE RIDE 3 top/outsole
価格:15,000円(税抜き)。サイズ:25.0〜28.5cm。問い合わせ:サロモン tel.03-6631-0837。
SENSE RIDE 3 zoom
着地時に生まれる微振動を吸収する独自素材、opti-vibeをミッドソールに採用。筋肉疲労が軽減するというテストデータもある。

クッション性と安定性を重視して設計されている《センス ライド》シリーズの最新作。注目したのは着地衝撃とともに発生する微振動。これが関節や腱、筋肉に影響を与え、ケガのリスクを高めるという観点から、振動を吸収するための独自素材、opti-vibeを開発。これをミッドソールに組み込むことで、振動減衰性、衝撃吸収性が向上。脚へのダメージ軽減に成功した。

4. THE NORTH FACE《Ampezzo》

1/20
Ampezzo top/outsole
価格:14,000円(税抜き)。サイズ:25.0〜30.0cm。問い合わせ:ザ・ノース・フェイス マウンテン tel.03-5466-9278。
Ampezzo zoom
ミッドソールにクッション性に優れたXTRAFOAMを採用。硬い路面を走った際も突き上げを感じない、足に優しい設計となっている。

ロングレンジのレースを想定して開発された《アンペッツォ》。EXTSアウトソールは、ドライな路面にもウェットな路面にも対応し、加速と減速がスムーズに行える設計。クッション性に優れたXTRAFOAMをミッドソールに採用しながら、ソール構造を台形にすることで安定性も高めている。長時間のレースに安心して挑める一足といえる。


その他の目的に合わせたシューズガイドはこちら。

取材・文/神津文人 撮影/小川朋央

初出『Tarzan』No.781・2020年2月13日発売

Special