• ジョギングで怪我しないためにはこの4足【目的別シューズガイド2020春】
RUN
2020.03.02

ジョギングで怪我しないためにはこの4足【目的別シューズガイド2020春】

202002190317

走る場所、走る距離、走る速度。シーンに適したシューズを選べば、快適に走れてケガのリスクも減少。そして目標達成が近づく!

着地衝撃から足を守る。

ダイエット、コンディショニング、気分転換。ジョギングの目的はさまざまだが、継続のカギはケガをしないこと。

体脂肪がたっぷりとついた過体重のランナー、脚力不足のビギナーランナーであれば、まずはクッション性の高いシューズを選ぼう。体重の約3倍といわれる着地衝撃は、シューズの力でしっかりと緩衝し、足腰を守りたい。

もちろん足に合っていることは必須。必ず試し履きをしてから購入しよう。

1. BROOKS《GHOST 12》

1/20
GHOST 12 top/outsole
価格:12,500円(税抜き)。サイズ:25.0〜29.0cm。問い合わせ:アキレスお客様相談室 tel.0120-894192。
GHOST 12 zoom
ミッドソールの踵部分に搭載されたDNA LOFTは軽量でクッション性に優れたフォーム素材。耐久性も高く、クッション性が持続する。

最も着地衝撃を受ける踵部分に、ハイクッション素材のDNA LOFTを搭載。また、衝撃の大きさに合わせて衝撃吸収力と反発力が変化するブルックスDNAの採用により、さまざまな体型やスピードに最適なクッションを提供する。シームレスで快適なフィット感のアッパーは、軽量ながらしっかりと足の動きを支えてくれる設計。LSDトレーニングにも最適。

2. MEDIFOAM《LSD W2》

1/20
LSD W2 top/outsole
価格:9,800円(税抜き)。サイズ:25.0〜28.0・29.0cm。問い合わせ:アキレスお客様相談室 tel.0120-894192。
LSD W2 zoom
ミッドソールに搭載したプレートにより、足が過度に内側に倒れこむオーバープロネーションを抑制する。足に優しい設計だ。

ブランド名にもなっているMEDIFOAMは、アキレス自社開発のフォーム素材であり、Medical(医療)とFoam(フォーム)を組み合わせた造語。シンスプリント、足底筋膜炎、腸脛靱帯炎などを軽減するために開発されたMEDIFOAMは抜群の衝撃吸収性、反発弾性、耐久性を誇る。"走るリカバリーシューズ"という新発想のシューズで、着地衝撃から足を守ろう。

3. NIKE《NIKE JOYRIDE RUN FLYKNIT》

1/20
NIKE JOYRIDE RUN FLYKNIT top/outsole
価格:18,000円(税抜き)。サイズ:24.0〜30.0cm。問い合わせ:ナイキ カスタマーサービス tel.0120-645377。
NIKE JOYRIDE RUN FLYKNIT zoom
Nike Joyrideは、足の動きに合わせてクッションが移動する動的なクッショニングシステム。さまざまな体格、走り方に対応する。

プラスチックとゴムの共重合体であるTPEという素材でできたビーズを4つのポッドに収納。メンズの28cmサイズで片足約1万1000個搭載されたビーズがクッション性と反発性を生み、また徐々に着用者の足の形に馴染んでいく仕組みになっている。クッション性が高く、アスファルトの上を走っていても、芝生や土の上を走っているような接地感がある。

4. SAUCONY《TRIUMPH 17》

1/20
TRIUMPH 17 top/outsole
価格:13,000円(税抜き)。サイズ:25.0〜29.0・30.0cm。問い合わせ:サッカニー ジャパンtel.03-3476-5674。
TRIUMPH 17 zoom
PWRRUN+はEVERUNと比べて、柔軟性は約2倍、耐久性は約3倍。エナジーリターン力が高く、クッション性は長期間持続する。

定番クッショニングモデルとして高い人気の《トライアンフ》シリーズ。最新作では、ミッドソールに新しいクッショニングテクノロジーであるPWRRUN+を採用。従来使われていたEVERUNよりも28%軽く、衝撃吸収力は5%アップしている。フィッティング構造も改良され、踵部分のホールド感が高まるとともに、前足部はゆとりのある設計になった。


その他の目的に合わせたシューズガイドはこちら。

取材・文/神津文人 撮影/小川朋央

初出『Tarzan』No.781・2020年2月13日発売

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。