TRAINING
2019.09.23

美しい座り姿をつくるのは、腹横筋です

座り姿勢の要、体幹の筋肉とは。

バキバキの腹筋でも姿勢はよくならない。

座って30分もするとカラダがぐにゃぐにゃ傾き、肘をつかなきゃ上体のポジションをキープできない。どれだけ体幹の筋力が弱っちいんだと思うかもしれないが、実際、こういう人は珍しくない。

軸を保つには体幹の力を養うこともまた重要。では、何をもって体幹力とするか?

痩せれば誰でも6パックの腹筋(腹直筋)があらわになるが、それだとヒョロヒョロでみっともない。なのでフッキン運動でガシガシ鍛えて腹の厚みを増し、6パックの陰影を濃くしてみた。

ポイントは「腹横筋」。

だが、こうしたバキバキのアウターを持っていながら姿勢が悪い人もいる。なぜなら、腹圧を保って上体をシャンとさせるのはアウターではなくインナー、主に腹横筋の役割だから。

フッキンでガシガシ鍛えるよりも、不安定なバランスボールの上でカラダを安定させるトレーニングを取り入れ、地道に鍛えるのが正解だ。

座り姿勢の要、体幹の筋肉とは。
体幹力を左右する腹横筋を鍛えるべし。
いわゆる筋トレで鍛えられるのは腹直筋や腹斜筋といったアウターの筋肉。鎧にはなるが、腹圧をキープして姿勢を保つためにはインナーの腹横筋を活性化させることが重要。

取材・文/石飛カノ 撮影/山城健朗 スタイリスト/山口ゆうすけ へア&メイク/村田真弓 イラストレーション/山崎真理子 ポーズ指導・撮影協力/菅原順二(アランチャ代表) 取材協力/伊坂忠夫(立命館大学スポーツ健康科学部教授)、寺田昌史(立命館大学スポーツ健康科学部講師)、泉本洋香(立命館大学スポーツ健康科学部 伊坂研究室)

(初出『Tarzan』No.772・2019年9月12日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。