• 厳選5ポーズ、ハイヒールを履く女性の歪みを整える「姿勢矯正ヨガ」
WOMAN
2019.07.07

厳選5ポーズ、ハイヒールを履く女性の歪みを整える「姿勢矯正ヨガ」

190703_767_36-1

メリハリのあるボディラインを手に入れても、立ち姿や歩き姿のバランスが悪いと美しく見えないこともある。ヨガインストラクター・京乃ともみさんに教えてもらう5つのポーズで姿勢の悩みを解決して、もっといいカラダになってしまおう!

骨盤、胸椎を中心に歪みを整える。

「ハイヒールを習慣的に履く女性は、反り腰に悩まされることが多くあります。それから、骨盤が過度に前傾することで、股関節が内側に捻られやすく、X脚にもなりやすいんです。

また、ショルダーバッグやトートバッグに重い荷物を入れて肩に掛けていると、カラダの左右のバランスが崩れる原因になります。

骨盤、胸椎周辺を中心に歪みを整えて、本来持っているはずのしなやかなカーブを取り戻しましょう。姿勢が整うと、呼吸もしやすくなり、自律神経のバランスも改善します。

また、普段歩くときに、手のひらを後ろに向けて腕を後方に大きく振って、大股で歩くようにすると、良い姿勢が維持できると思います」(ヨガインストラクター・京乃ともみさん)

「しなやかなカーブを取り戻すヨガ」5つのポーズ。

1/20

腰を伸ばすポーズ

腰を伸ばすポーズ
両足を腰幅に開いて立つ。尾骨の上に位置し、寛骨と繫がる仙骨に両手を添える。手で仙骨を下方向に押しながら、ゆっくりと上体を反らす。十分に反ったところで、肩甲骨から大きく動かして、片方の腕を後方に。反対側の手は仙骨を押し下げ続ける。3呼吸キープする。左右を変えて同様に行う。

鷲のポーズ

鷲のポーズ
背すじを伸ばして立つ。右腕を上げて胸の前で肘を曲げる。左腕を右腕の下から巻きつけて、両手を合わせる。右膝を曲げ、左脚を上から右脚に巻きつけて片脚立ちに。腰を落として、上体を少し前に倒し、前傾姿勢に。3呼吸キープする。左右を変えて同様に行う。

肋骨を締める呼吸

肋骨を締める呼吸
両足を肩幅に開いて立つ。両手を肋骨に添える。鼻で一度大きく息を吸って胸腔を大きく広げる。口からゆっくりと息を吐きながら、肋骨を締めるイメージで胸腔を縮めていく。手でサポートしながら、限界までしっかりと吐き切る。5回繰り返す。

背中のXラインを整えるポーズ

背中のXラインを整えるポーズ
両足を腰幅に開いて立つ。両手を背中の後ろで組み、腕を伸ばす。上体をゆっくりと前方に倒し、腕もなるべく頭部に近づける。左膝を軽く曲げ、息を吐きながら、カラダを右側に捻る。胸を開いて、視線は上に。3呼吸キープする。左右を変えて同様に行う。

骨盤まわりをほぐすポーズ

骨盤まわりをほぐすポーズ
仰向けに寝て、両腕を軽く開いて、手のひらを上に向ける。右膝を曲げて、右足を体の外側に。左足の足首を右脚の太腿に乗せる。右の股関節は内外転させずに、まっすぐに保つ。肩が床から離れないように注意。3呼吸キープする。左右を変えて同様に。

教えてくれた人

京乃ともみ
京乃ともみ/1987年、兵庫県生まれ。ヨガインストラクター。2004年にテレビCMに出演して以降、モデルとして活躍する傍ら、ヨガインストラクターとしての活動をスタートさせる。全米ヨガアライアンス/オーストラリアbliss baby認定マタニティ&産後ヨガ、ヨギックアーツ、ReebokONEアンバサダー、日本サップヨガ事務局認定、アスリートフードマイスター3級などさまざまな資格を持つ。

取材・文/神津文人 撮影/大嶋千尋 ヘア&メイク/村田真弓 イラストレーション/松本セイジ

(初出『Tarzan』No.767・2019年6月27日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

メンバーシッププログラムSTART! CLUB Tarzan