• 日本人の90%を悩ませる「反り腰」解消! 美しい立ち姿勢をつくるエクササイズ(4)
CONDITIONING
2019.06.26

日本人の90%を悩ませる「反り腰」解消! 美しい立ち姿勢をつくるエクササイズ(4)

特に女性は注意! 勘違いからくる「反り腰」を改善する|“立つ”姿勢を美しく(3)

日常の生活の悪しきクセ、運動不足などによって姿勢はどんどん崩れてしまう。まずは美しい姿勢で立つことを目標に、毎日のエクササイズを習慣にして、自分の“弱点”を一つひとつ解消していこう。今回は「反り腰」を解消するエクササイズ。

胸を張りすぎは、却ってNG。

トレーナーの菅原順二さんによれば、日本人の90%は反り腰。なかでも一目でそれと知れるのは、男性よりも女性だ。

「多くの女性は、お尻をプリンと突き出して胸を張った姿勢が美しいと思いがち。でも、こうした反り腰姿勢は背中の筋肉に常にテンションがかかると同時に、腰椎の前彎が強すぎて骨にも負担がかかります。慢性的な腰痛のリスクが高くなることに」(トレーナー・菅原順二さん)

よかれと思って意識して美姿勢をとっているつもりが、かえってカラダに負担をかけているかも。改善エクササイズを日課にしたい。

「反り腰」解消エクササイズ(1セット×毎日)

1. 広背筋のストレッチ(10〜20秒)

広背筋のストレッチ

床に四つん這いになり、カラダの中心線で両手を縦に並べる。お尻を後ろに引きながら上体をできるだけ床に近づけて10〜20秒間キープ。手の前後を入れ替えて同様に。

2. ロールバック(10回)

ロールバック

床に座って両膝を立てる。足は腰幅。両手は肩の高さで前に伸ばして組む。骨盤と背骨の一つ一つを丸めるイメージで上体をゆっくり後傾。腰を限界まで丸めたら元に。

教えてくれた人

菅原順二
菅原順二(すがはら・じゅんじ)/1978年生まれ。パーソナルトレーニングスタジオ〈アランチャ〉代表。ピラティスを主軸に、アスリート、ダンサー、モデルなどのトレーナー指導を行う。

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 取材協力/菅原順二(パーソナルトレーニングスタジオARANCIA代表)

(初出『Tarzan』No.766・2019年6月13日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。