• 同じ部位でも伸び感が違う! 定番ギア「バランスボール」のストレッチ8つ
CONDITIONING
2019.05.31

同じ部位でも伸び感が違う! 定番ギア「バランスボール」のストレッチ8つ

190522_765_09

バランスボールは、転がすことで角度を微調整できるのがメリット。同じ部位のストレッチでも伸び感が違う! 『ターザン』おなじみの菅原順二トレーナーに8つのストレッチを指南いただきました。

1. 背中のストレッチ

バランスボールで背中のストレッチ

両足は腰幅に開いて、膝立ちに。バランスボールに腹部を乗せ、両手を組んでボールを抱え込む。前後左右にボールを少し転がしたり、軽くバウンスしながら、背中全体を伸ばす。30秒。

2. 肩甲骨周辺のストレッチ

バランスボールで肩甲骨周辺のストレッチ

両足は腰幅に開いて、膝立ちに。両手をバランスボールに乗せ、上体を倒して、ボールを前方に。伸び切ったところで、ボールを動かしながら、さまざまな角度に肩甲骨を動かす。30秒。

3. 腹部のストレッチ

バランスボールで腹部のストレッチ

両足を腰幅に開いて床に座り、背中をボールの上に乗せる。両腕は頭の方向に伸ばす。膝の曲げ伸ばしを使ってボールを転がしながら腹部を伸ばす。30秒。後方に倒れないように注意。

4. 胸のストレッチ

バランスボールで胸のストレッチ

バランスボールの横に膝立ちになる。右腕でボールを抱え、体側をボールの上に。左足でバランスをとる。左腕を頭の方向に伸ばし、左の体側をストレッチ。30秒。左右を変えて同様に。

5. 肩と腕のストレッチ

バランスボールで肩と腕のストレッチ

両手両膝を床につく。右手をバランスボールの上に乗せて、右腕を伸ばす。ボールを前後左右に転がしながら、肩関節をさまざまな方向に動かす。30秒。左右を変えて同様に。

6. ハムストリングスのストレッチ

バランスボールでハムストリングスのストレッチ

両足を大股1歩分開いて、バランスボールの上に座る。爪先は外側に。上体を倒して、左手で左足を摑む。軽くバウンスして刺激を入れてもいい。30秒。左右を変えて同様に。

7. 三角筋のストレッチ

バランスボールで三角筋のストレッチ

両足を腰幅に開いて膝立ちに。上体を前方に倒して、左腕をボールに乗せ、右手で左の手首を摑む。ボールを前後左右に転がして三角筋を伸ばす。30秒。左右を変えて同様に行う。

8. 上腕三頭筋のストレッチ

バランスボールで上腕三頭筋のストレッチ

両足を腰幅に開いて膝立ちに。上体を捻りながら倒して、左肘をボールに乗せ、頭の後ろで両手を合わせる。ボールを前後左右に転がして上腕三頭筋を伸ばす。30秒。左右を変えて同様に。

教えてくれたひと

菅原順二(すがはら・じゅんじ)/1978年、東京都生まれ。アランチャ代表。アスリートのサポートを中心に、ピラティス、マスターストレッチの指導者として活動している。


取材・文/神津文人 撮影/角戸菜摘
(初出『Tarzan』No.765・2019年5月23日発売)

Tarzan 公式アカウントから
最新情報をお届けします。

雑誌『ターザン』766号

ここにエラー文言が入りますなりゆきですここにエラー文言が入35文字以内

ご登録いただくと、弊社のプライバシーポリシーとメールマガジンの配信に同意したことになります

完了

ご登録ありがとうございます。

雑誌『ターザン』766号
雑誌『ターザン』766号