トレッドミルの活用がダイエットへの近道⁉︎
マッサージガンを活用して腰痛を改善しよう。
【女性向け】6種の簡単筋トレでスタイルアップ!
揺れる電車を活用して、体幹を鍛えよう。
ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
腕相撲に勝つための筋肉ってどこ?
副交感神経を優位に。就寝前の10習慣。
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:温活羊鍋

江戸東京和膳 澄 オーナーシェフ 川越真さん レシピ 温活羊鍋

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈江戸東京和膳 澄〉オーナーシェフの川越 真さんに教えてもらった「温活羊鍋」。

江戸東京和膳 澄 オーナーシェフ 川越真さん レシピ

川越 真さん

教えてくれた人

〈江戸東京和膳 澄〉オーナーシェフ。飲食の道に進んだ後、薬膳と漢方を専門的に学び、国際薬膳調理師、漢方スタイリストの資格を取得。2019年に独立、東京食材と和食ベースの薬膳がテーマの現店を開店。

学生時代はサッカー、その後は体調管理のためにも筋トレに励んでいた〈江戸東京和膳 澄〉の川越真さん。コンディション作りに役立つ、カンタン薬膳を教わった。

高タンパクな羊肉をショウガやシナモンなどと煮込んだ羊鍋。

「昔から有名な気血を補いカラダを温める薬膳スープのアレンジ。ショウガは温める効果が高まるので、生より炒めるひと手間を」

温活羊鍋

江戸東京和膳 澄 オーナーシェフ 川越真さん レシピ 温活羊鍋

※1人分で計算

材料(2人分)

  • ラム肉(ももスライス)…200g
  • [A]
    • ショウガ(千切り)…5かけ
    • サラダ油…大さじ3強
  • 玉ネギ(スライス)…1/4個
  • 黒キクラゲ(乾燥)…6枚程度 ※水に浸し戻しておく。
  • ニンニク(みじん切り)…1/2かけ
  • シナモンスティック…1かけ程度
  • クコの実(乾燥)…10個
  • 塩…適量
  • 水…500mL

作り方

  1. フライパンでAの油を熱しショウガを入れ、とろ火でゆっくり5分くらい、焦げる寸前まで炒める。油は切り、ショウガだけ取り出す。
  2. 鍋に1のショウガ、ほかの材料すべてを入れ、中火で10〜15分くらいスープが茶色に色づいてくるまで煮込む。
  3. 器に2の1人分を盛る。

ポイント

江戸東京和膳 澄 オーナーシェフ 川越真さん レシピ 温活羊鍋

ショウガはこのくらい茶色に色づくまでとろ火でゆっくり炒めよう。

栄養ポイントはココ!

薬膳では羊肉は熱性の性質を持ち、カラダを温める効果があるといわれます。一緒に煮込んだショウガ、シナモンにも温める作用があり、温活にgood。また、羊肉は肉類の中では、不飽和脂肪酸の割合が多いのも利点。by管理栄養士 河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.876・2024年3月21日発売

Share

関連記事:

Share