デスクでできるながら筋トレで体幹を活性化。
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
空腹でランニングした方が痩せやすい?
肩こり予防でアプローチすべきは肩“じゃない”。
危険な血糖値スパイク。あなたは大丈夫?
我慢は禁物。適度な晩酌がダイエット長続きの秘訣だ。
細マッチョになりたいない、短距離ラン!
  • 公開:

鍛えるシェフの筋肉レシピ:山かけちゃんこ鍋

山かけちゃんこ鍋 山口俊さん

自身もトレーニングを行う“鍛えるシェフ”直伝の料理を紹介する「美味い筋肉レシピ」シリーズ。今回は〈TANIARASHI 六本木店〉店主の山口俊さんに教えてもらった「山かけちゃんこ鍋」。

トロント・ブルージェイズ 横浜DeNA 山口 俊さん

山口俊さん

教えてくれた人

〈TANIARASHI 六本木店〉店主。2005年、横浜DeNAに入団。17年巨人に移籍し、19年最多勝投手。20年MLBトロント・ブルージェイズ移籍、翌年巨人に復帰し、22年引退。同年12月にちゃんこ鍋店開店。

元プロ野球選手で、実家・大分の老舗ちゃんこ店の味を元に開いた〈TANIARASHI 六本木店〉が好評の山口俊さん。鍋が恋しい季節、簡単に本格派ちゃんこ鍋を作る技を伝授してもらった。

「ポイントはだしと具だくさん。今回だしは簡単にだしパックで取りますが、2袋のうち1袋は破って中身を入れて具に。仕上げに山かけを加えればよりヘルシーです」

山かけちゃんこ鍋

山かけちゃんこ鍋 山口俊さん

※栄養成分は1人分で計算

材料(2人分)

  • 豚バラ肉(薄切り)…6枚
  • 絹豆腐…1/2丁
  • 油揚げ…1枚
  • レタス…1/2玉
  • 長ネギ…1本
  • もやし…150g
  • エノキダケ(石突きを切ってほぐす)…30g
  • 山かけ(山芋や長芋のすりおろし)…150g
  • 二番だし…150ml程度 ※だしパック1袋を再利用
  • 市販だしパック(焼きあご、鰹、うるめいわし、真昆布入りを使用)…8g×2袋
  • だし醬油…大さじ1
  • みりん…小さじ2
  • 水…500ml

作り方

  1. 鍋のだしを取る。鍋に水、だしパックの1袋は袋を破って中身だけ、もう1袋は袋のまま入れて火にかける。だしパックの表示時間通りに煮出し、袋のまま入れただしパックは取り出す。だし醬油、みりんを加えて再度煮立たせる。
  2. 鍋に水2カップ程度(分量外)、1で取り出しただしパックを入れて加熱し、数分煮出して取り出し、二番だしを取る。この二番だし150mL程度を、山かけと一緒に容器に合わせてよく混ぜる。
  3. 豚バラ、豆腐、油揚げ、レタス、長ネギはそれぞれ食べやすい大きさに切る。
  4. 1の鍋に3、もやし、エノキダケを盛り付け、中火にかける。具材に火が通ったら、2のだしと合わせた山かけを上から回し入れ、さらに煮立たせる。

ポイント

調理のポイント

だしパック1袋は袋を破って中身だけ鍋へ投入。そのまま具材になり一石二鳥。

栄養ポイントはココ!

野菜が豊富に摂れる鍋。さらに山かけの材料・山芋や長芋のネバネバは水溶性食物繊維で、腸内環境を整える効果が。鰹節、昆布の粉末入りだしパックの中身を具にするのも、タンパク質や食物繊維のちょい足しに○ですね。 by 管理栄養士 河村玲子さん

photos: Chihiro Oshima text: Noriko Ozawa nutrition supervision: Reiko Kawamura

初出『Tarzan』No.872・2024年1月25日発売

Share

関連記事:

Share