「太らない」糖質の摂り方の基礎知識。
ランが続く人、続かない人は一体何が違うのか。
自宅でできる、排便うながしエクササイズで便秘解消!
今すぐやめたい5つのデブ習慣とは。
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
筋トレするなら知っておきたい糖質の話。
目指せギャクサン!背中を鍛え上げる公園活用術。
体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
  • 公開:

ノルウェー人の日常食。栄養素がたっぷりなブラウンチーズでヨウ素を摂取

ブラウンチーズ ノルウェー人の日常食

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回は、6年前にチーズの世界大会で銀メダルを受賞し、世界に広まったノルウェー人の日常食について。

栄養素がたっぷりなノルウェー人の日常食

6年前にチーズの世界大会で銀メダルを受賞し、世界に広まったノルウェーの味覚がブラウンチーズ。スライスしたものをパンケーキやワッフルに乗せて食べると、キャラメルのような優しい甘さに驚く。

原料はゴートミルクと牛乳。山の多いノルウェーといえばヤギ。その恵みをダイレクトに感じられる。

ブラウンチーズ ノルウェー人の日常食

©Fredrik Ahlsen / Maverix Media ゴートミルクと牛乳の配分でブラウンチーズの風味は変化する。初心者はマイルドな牛乳オンリーがおすすめ。メーカーごとに特徴があり、食べ比べも楽しい。

そんな同国において、地元の貧しい農家がチーズの生産過程で廃棄されるホエイ(乳清)を活用しようと、ホエイ、乳、クリームを原料に生み出したのがこのチーズの起源なのだとか。高い栄養価にも注目は集まり、他のチーズのように塩分がないところに大きな特徴がある。

そしてカルシウム、プロテイン、ビタミンB群に加えてヨウ素が豊富。特に海藻食文化に馴染みの浅いノルウェーの人にとってブラウンチーズはヨウ素を摂取できる日常食。味わいが豊富な点も嬉しい。

COORDINATOR

UTANO YOSHIKO/ヘルシンキ在住歴18年。商談通訳・帯同を中心に活動。愛犬の柴犬KIKIと森を歩くのが毎日の小さな癒やし。YouTubeチャンネル『北欧さんぽ』更新中。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.875・2024年3月7日発売

Share

関連記事:

Share