顔のたるみ対策「舌トレ」で表情筋を鍛える。
X脚の改善なら、股関節をリセットすべし。
内臓脂肪を減らす「油カット」10個のアイデア。
突然のギックリ腰。どう対処する?
運動前後で脱水しないコツは?
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
リモートワークで落ちた筋肉を劇的に復活させる下半身トレ。
  • 公開:

注目度が上昇中?ひたすらロープを引くトレ「スレッドプル」

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回はニューヨークの〈THE TRAINING LAB〉で行われているロープを引くだけのトレーニング「スレッドプル」について。

綱引きのように楽しみ、 全身を鍛え上げる

綱引きで使用するような強度の高いロープを使った代表的なトレーニングはパドルロープ。両手に1本ずつロープを持って、波を打たせるように上下に動かすものだ。

背中や腹、臀部、脚を含め全身をバランス良く鍛えられ、カロリー消費も期待できるとあってトレーニーからの人気が高い。

ミッドタウンにあるジム〈THE TRAINING LAB〉では“綱を引く”エクササイズ「スレッドプル」の注目度が上昇中。

固定されたロープを綱引きのように引き続けるもので、すぐそばでインストラクターが𠮟咤激励の声を飛ばすなか、背中上腕二頭筋腹筋を一気に鍛え上げる。

学生時代の運動会の楽しい記憶が蘇ってくる「スレッドプル」。綱を使ったトレーニングは効果抜群と新聞でも紹介された。https://traininglabnyc.com/ courtesy of The Training LAB

「会員に期待するものは努力のみ」というストイックなジムだけに全力で大綱に挑み、スレッドプルを組み込んだ45分のクラスに参加したあとは、例外なく誰もがヘトヘトになっているという。

WRITER / PRODUCER

HASEGAWA AZUMI/東京都出身、ブルックリン在住。日々のエクササイズは自転車でブルックリンとマンハッタンを往復することと、たまの平泳ぎ。https://www.azumihasegawa.com/

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.850・2023年2月9日発売

Share

関連記事:

Share