“膝パカパカ”でヒップのサイドラインを整える。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
真面目に学ぼう。大人のためのウンチ学。
腹筋を割るために知っておきたい10のこと。
どうしてステロイドを使ってはいけない?
公園&階段を活用したHIITで全身の脂肪を燃やす。
肩こり・腰痛改善のための「ゆったり太極拳」
【女性向け】6種の簡単筋トレで脂肪燃焼!
  • 公開:

ベルリンに行ったら遊んでみたい、ドイツ版ボウリング「ケーゲルバーン」

ベルリンに行ったら遊んでみたい、ドイツ版ボウリング「ケーゲルバーン」

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回はドイツ版ボウリング「ケーゲルバーン」について。

ケーゲルバーン熱で冬の寒さを吹っ飛ばせ!

ベルリーナー(ベルリン市民)の冬は熱い。なぜなら、ドイツ版ボウリングの「ケーゲルバーン」があるからだ。

特徴的なのはレーンの長さが約6mと、一般的なもの(約18m)の3分の1しかなく、U字に凹んでいること。

簡単にストライクを出せてしまいそうだが、ボールの扱いも普段とは異なるし、この状況を生かした4つのローカルルールも存在する。最近では、ケーゲルバーン用のレーンを備えたクラシカルなカフェもリバイバル中。

代表的なのはクロイツベルク地区にある〈Tante Lisbeth〉で、1階にカフェバー、地下に2つのレーンが備わり、友達と飲みながらスコアを競うことができる。

ケーゲルバーン

ケーゲルバーン

1時間20ユーロで貸し切りも可能。好きな音楽をかけながらパーティ会場として利用している人も多い。予約はオンラインから。https://www.pyonen.de/tantelisbeth/

ピンセッターなどの機械は、1979年に設置されたものが現役で稼働しているというから驚きだ。

レトロな風情が非日常感とエンタメ感を高め、自然とセッションは白熱したものに。ぜひその熱を体験してほしい。

WRITER/COORDINATOR

URAE YUMIKO/東京都出身、ベルリン在住。ヨーロッパ各地のライフスタイルやデザイン、アートに関する取材や執筆を行う。現在発酵食品にハマリ中。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.849・2023年1月26日発売

Share

関連記事:

Share