真面目に学ぼう。大人のためのウンチ学。
筋トレするなら知っておきたい糖質の話。
ジムトレーニングの間違いやマナー違反に喝!
揺れる電車を活用して、体幹を鍛えよう。
代謝を上げるなら「大筋群と埋蔵筋」を鍛える!
親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
トレッドミルの活用がダイエットへの近道⁉︎
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
  • 公開:

インドアで体を動かせるNYのアミューズメントパーク〈Area 53〉

インドアで体を動かせるNYのアミューズメントパーク〈Area 53〉

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回はニューヨークの大人も子供も楽しめる室内アミューズメントパーク〈Area 53〉について。

外は極寒、中は超ホット!室内アミューズメントパーク

多くの公園があり、スポーツやカラダを動かす場所には決して困らないニューヨーク。でも冬は寒さが厳しく、雪に覆われることも少なくない。

さすがのニューヨーカーも、外へ出てグループでワイワイ楽しむ時間はめっきり減ってしまう。そんな季節の強い味方が、ウィリアムズバーグにあるインドアアドベンチャーパーク〈Area 53〉だ。

トランポリンやゲームセンター、ジップライン、さまざまな障害を乗り越えるニンジャコースも。大勢で行きたい。44ドル/3時間〜。https://area53nyc.com

ロープコースから、ロッククライミング、ローラースケートリンクまで揃っている大型施設で、なかには滑り台や迷路、ロープからロープへ渡る雲梯が用意された「ニンジャコース」などもあり、大人だって楽しめる。

もちろん家族連れや子供たちにも人気だが、21歳以上の大人が集うアルコール持ち込みアリのDJイベント『アダルト・ナイト』は激アツ。

年齢に関係なく全ニューヨーカーが盛り上がること必至のアトラクションスポットなのだ。

Reporter

HASEGAWA AZUMI/東京都出身、ブルックリン在住。日々のエクササイズは自転車でブルックリンとマンハッタンを往復することと、たまの平泳ぎ。www.azumihasegawa.com

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.848・2023年1月4日発売

Share

関連記事:

Share