自律神経に働きかけ、リラックスを促すヨガポーズ。
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
噂の「マッサージガン」について知ろう。
体幹を鍛えるとどんないいことがあるの?
我慢は禁物。適度な晩酌がダイエット長続きの秘訣だ。
揺れる電車を活用して、体幹を鍛えよう。
肩こり・腰痛改善のための「ゆったり太極拳」
ピラティスで美しく機能的な体に仕上げる。
  • 公開:

イギリスで人気の障害物ラン「インフレータブル5K」

イギリスで人気の障害物ラン「インフレータブル5K」

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回はイギリスで人気の障害物ラン「インフレータブル5K」について。

Share

大人も無邪気に飛び跳ねる障害物ラン

空気で膨らんだ柔らかいアスレチック遊具のインフレータブル。日本で見かけるのは子供向けばかりだが、英国でハマっているのは大人たちだ。

インフレータブル5K』は、真冬以外はイギリス全土で頻繁に開催されているオールエイジイベントで、17種17個のインフレータブルの障害物が置かれた2.5kmのコースを2周するというもの。

インフレータブル5K

苦手な障害物は避けてもOK。参加は5歳から可能で家族や友人グループによる参加も多い。29.5ポンド〜。www.ukrunningevents.co.uk/events/inflatable-5k

ひとつひとつが世界最大規模の巨大さを誇り、弾力も期待以上。ボヨンボヨンと飛び跳ねながら、穴が開いたフロアを走り抜け、ロープを使ってジャンプし、巨大なスロープを駆け下りていると、いつしか童心に返っている。

あくまでイベントなので、コース途中にご機嫌なミュージックエリアがあるなど全体的にユルい雰囲気なのもいい。

2022年最後のイベントは、12月にピーターバラで開催。そこでも、場内には無邪気な大人の姿が多く見られた。

Reporter

NOMURA HITOMI/ロンドン在住25年。本業のTV撮影コーディネートやVRプロデューサーの傍ら、趣味追求のためバリスタ資格を取りカフェでラテアート修業中。

edit: Takashi Osanai

関連記事:

Share