1日3回の簡単体操で「立ち姿勢」を正す。
骨盤の「クセ」を正して、腰痛を改善!
目指せギャクサン!背中を鍛え上げる公園活用術。
衰え知らずのバストをつくる!
運動不足なら、この6種目で筋量低下にブレーキを。
女性だけじゃない。その不調、男性更年期かも?
肩がガチガチなら、肩甲骨ほぐし。
「脇腹のボコボコ」を強調する種目。
  • 公開:

凍てつく海での寒中水泳。ヘルシンキで人気の「タルヴィウインティ」

タルヴィウインティ(寒中水泳)

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回はフィンランドの最大都市ヘルシンキで人気の寒中水泳「タルヴィウインティ」について。

Share

国内での愛好者は今や72万人超

平均気温が0度を下回るヘルシンキの厳しい冬。でも、早朝や夕方になると寒風が吹く海岸に大勢の人が集まってくる。

彼らの目当ては「タルヴィウインティ」。つまり“寒中水泳”だ。

サウナの合間に火照ったカラダで湖に飛び込む北欧のハードな“整い方”は有名だが、これはさらに一歩先。なにせサウナでカラダを温めることなく、凍った海面や湖面を割って泳ぐのだから。

タルヴィウインティ(寒中水泳)

タルヴィウインティ(寒中水泳)

国土全体に19万か所近くの湖があるフィンランドでは生活圏内に“水”へアクセスできる場所は多く、ヘルシンキ市が定めた寒中水泳スポットも多数存在する。

聞くだけで凍えそうだが、コロナ下で制限が増えた現地では「ストレスが溶ける」と人気が急増中。

アウトドア協会〈Suomen Latu〉が健康面の留意点や各地の関連団体情報、適したスポットなど、初心者でも安心して楽しめるよう情報発信し、その裾野が広がったのだとか。

協会によると人口約560万人の国内で、愛好者は今や72万人超。なかなかハードルは高いが、フィンランド人の“生活の知恵”に挑戦するのもアリ?

Reporter

UTANO YOSHIKO/ヘルシンキ在住歴17年。TVの撮影帯同を中心に活動。オフィスへの往復20kmサイクリングが毎日の小さな癒やし。YouTubeチャンネル『北欧さんぽ』更新中。

edit: Takashi Osanai

関連記事:

Share