自宅で静かにできるHIITで脂肪燃焼&筋肉強化!
「肩甲骨と背骨」を整えて、上半身トレを効率的に!
寝たままできる。シャキッと目覚めるためのストレッチ10選。
まずは筋肥大しやすい部位TOP5から鍛えよう。
症状別ペアストレッチで、運動不足の体を整える。
衰え知らずのバストをつくる!
我慢は禁物。適度な晩酌がダイエット長続きの秘訣だ。
今すぐやめたい5つのデブ習慣とは。
  • 公開:

温泉でクールダウン?台湾で浸かれる天然炭酸泉「冷泉」

蘇澳冷泉(すおうれいせん)

世界のフィットネスの話題をお伝えする「WORLD FITNESS NEWS」。今回は温泉天国の台湾の天然炭酸泉「冷泉」についてお伝えします。

Share

温泉でクールダウン? 「冷泉」を知っているか

実は温泉天国の台湾。ここ最近、諸外国から注目を集めているのが、シュワシュワッとした湯触りがクセになる天然炭酸泉「冷泉」だ。

台北市内からアクセスしやすい場所にもあり、鉄道を使って約2時間で着ける蘇澳冷泉(すおうれいせん)が特に有名。

蘇澳冷泉(すおうれいせん)

緑豊かな蘇澳冷泉公園に位置。周囲には温泉ホテルが多く立ち、リゾートホテルの〈瓏山林リゾート蘇澳〉では冷泉に加えて温泉の個室風呂も備える。

1時間に100立方メートルの湧出量を誇る台湾のメジャー温泉地で、無色無臭な湯は体温に比べてだいぶ低い22度ほど。そのため温まるというよりはクールダウンするイメージに近い。なのに、浸かっていると徐々にカラダが温まってくるから、不思議な感覚に陥る。

蘇澳冷泉(すおうれいせん)

泉質は台湾で唯一の炭酸カルシウム泉。粘板岩由来で微量ミネラルや二酸化炭素を多く含み、新陳代謝と美肌効果を促し、胃腸病、慢性肺炎、痛風、糖尿病、皮膚病などに効くとか。

ちなみに、台湾の温泉では水着とキャップ着用が一般的。忘れないようにしたい。

Reporter

JANET YIN/台北在住。主にファッションやグルメに関する取材・執筆を行うフリーランスの雑誌編集者。公私ともに、台北人だからこそ知るヘルシーなスポット巡りが好き。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.845・2022年11月2日発売

関連記事:

Share