体脂肪率25%以上なら、まずは速歩&筋トレ。
割りづらい「腹筋の下部」にはこの2種目!
初心者ランナーのプチトラブル解決策
お尻をほぐして、正しい「あぐら」で座れる体を作る。
「猫背」はストレッチ&筋トレでリセット。
ジムで徹底的に「腕」を追い込んでみる。
3ステップで「骨盤が原因の腰痛」を改善。
揺れる電車を活用して、体幹を鍛えよう。
  • 公開:

リオパラ出場選手が開発。身体障害者に向けたフィットネスアプリ

フィットネスアプリ アクセササイズ

世界中からフィットネスの最新事情を集めた「WORLD FITNESS NEWS」、今回は身体障害者向けのフィットネスアプリ『アクセササイズ』についてお伝えします。

Share

身体障害者に向けた、フィットネスアプリとは?

パンデミックによってデジタルフィットネスのブームが生まれたが、障害者向けのものが一つもないことに気づいて驚愕。そこで、自身も両足切断という障害を持つアリ・ジャワッドさんが身体障害者向けのフィットネスアプリ『アクセササイズ』を生み出した。

もともと障害者のトレーニーが日常的に使えるツールのないことに疑問を抱いていた」とアリさん。

運動が心身の健康にもたらす利益には健常者も障害者も等しくアクセスできるべきで、それこそが“フィットネス界のインクルージョン”だと考える。

フィットネスアプリ アクセササイズ

アリさんは2016年のリオ・パラリンピックに出場し、パワーリフト59㎏級で銀メダルを獲得した人物。https://join.accessercise.com

そんなアリさんのアプリでは、必要とするワークアウトの映像が見られるだけでなく、同じ障害を持つ人のデモ動画も閲覧できる。

全国のジムや施設のマップも備え、ソーシャルハブがユーザー同士の交流を可能に。文字通り“あらゆる人”の健康ライフをサポートする。

Reporter

NOMURA HITOMI/ロンドン在住25年。趣味のコーヒーを追求するためコロナ下でバリスタの資格を取り、コーディネーターの合間にカフェで働きながらラテアートを修業中。

edit: Takashi Osanai

初出『Tarzan』No.843・2022年10月6日発売

関連記事:

Share