親子丼と牛丼、カロリーが低いのは?
良い悪いってどういうこと?「代謝の正体」を学ぶQ&A。
肩こり・腰痛改善のための「ゆったり太極拳」
ダイエッターにおすすめの焼き鳥10本。
鍛えにくい背中を自宅でも刺激しよう!
運動の「やり過ぎ」で免疫が下がる⁉︎
西川貴教さんが教える「腹を割るためのヒント」。
肩甲骨の「クセ」を正して肩こりを改善!
  • 公開:

20〜30代だって他人事じゃない|老眼のウソ・ホント

老眼のウソ/ホント

他人事ではいられない。気づかぬ間に、確実に侵されている“老眼”という現象について4つのウソ・ホントから正しい知識を学んでおこう。進行を食い止めるには? 回避することは可能?

Share

① 30代から老眼になるってホント?

ホント

老眼は40歳前後で起こるという常識を覆し、20〜30代で老眼に悩む人が増えている。「スマホ老眼」だ。

目本来の焦点距離は2m程度。それより近くも遠くも、目のレンズに当たる水晶体の厚みを変えて焦点を合わせる。加齢で水晶体が硬くなったり、水晶体の厚みを変える毛様体筋の働きが衰えたりすると、焦点を近くに合わせる調節機能がダウン。手元が見づらくなる。これが老眼の正体だ。

目のピント調節機能

目のピント調節機能/近くを見るときは毛様体筋が緊張して水晶体が膨らみ、遠くを見る際は毛様体筋が弛緩して水晶体は薄くなる。老化でこの調節力が落ち、水晶体の柔軟性も失われると近くが見えにくい老眼に。

「調節機能は10代から落ちる。手元が見えづらくなるまで低下するのが40歳前後なので“老眼は40歳から”と思い込んでいるのです」(眼科専門医の平松類さん)

スマホ老眼では近くばかりを長時間見続け、毛様体筋が固まり、ピント調節機能が落ち、手元がボヤける。

老眼は老化現象。元に戻せないが、スマホ老眼の多くは一過性。スマホを見る時間を減らし、毛様体筋をほぐすルーティンでも改善可。

 

●毛様体筋をほぐすルーティンについてはコチラの記事の「アイケア術③」をチェック:パソコン作業をする人は知っておきたい「アイケア術6つ」(TarzanWeb)

② 近視の人は老眼にはなりにくい?

ウソ

「近視の人は、老眼になりにくい」という都市伝説がある。それが事実なら、まさに怪我の功名だが、残念ながら誤解のようである。近視では、ピントが合う範囲が手前にあり、遠くが見えにくい代わりに、近くは見えやすい。

一方、老眼は手元にピントが合いにくい。そう考えると、都市伝説は正しいようにも思えるのだが…。

「裸眼なら、近視はそうでない人に比べると、手元が見えやすいので、老眼が始まっても自覚しにくい。ただ、近視をメガネやコンタクトで矯正すると、近視がない人と同じ状況ですから、老眼になると近くの見えづらさを早々に自覚します

近視でメガネをかけているのに、スマホを見るときは眼鏡を外した方がラクに感じたら、老眼が進んでいる証拠。老眼は正常な老化現象なので、自覚する時期に多少の差はあれど、誰も逃れることはできない。

③ 老眼鏡をかけると老眼は進む?

ウソ

老眼絡みの都市伝説を、もう一発。「老眼鏡を早くからかけると、老眼が進みやすい」というものがある。こちらは正しいのか。

「老眼は40歳以降で徐々に自覚できるようになり、60〜70歳まで進行します。老眼鏡をかけても、老眼の進行にストップがかけられるわけではないので、早々に老眼鏡をかけても老眼が進むことから、そういう俗説が生まれたのでしょう」

むしろ老眼を意識したら、老眼鏡は早めにかけた方がいい。老眼鏡でストレスなく近くを見るには、一定の慣れが求められるからだ。

「老眼鏡は早めにかけた方が早く慣れるので、老眼によるストレスを感じにくい。痩せ我慢して老眼鏡をかけるタイミングを遅らせると、慣れるまでに眼精疲労を起こす恐れもあります」

老眼を自覚したら、さっさと眼科を受診して、老眼鏡か老眼対応のコンタクトレンズを作ろう。

④ 遠視の人は老眼が早い?

ウソ

遠視でも老眼でも、近くが見えにくくなる。だが実際、両者の本質はまるで別物。遠視は、近視と同じく屈折異常。角膜や水晶体で光を屈折させる力と、網膜までの距離が合わないのだ。

近視は角膜から網膜までの距離=眼軸が長く、網膜の手前で焦点が合いやすい。逆に遠視は眼軸が短く、網膜の後ろで焦点が合いやすい。屈折力の修正で網膜上に焦点を結ぶには、遠くは軽い調整で済む一方、近くは強く調整しないと見えにくい。だから近くを見すぎると眼精疲労を招きやすくなるというわけ。

老眼は、老化などで屈折させる力の調整がうまくいかなくなる調節異常

「遠視だと老眼が早いといいますが、老眼が始まる時期に遠視も近視も影響しない。遠視だと近くを見る際、近視より老眼鏡を使う場面が多くなるため、老眼を早く自覚しやすいのです」

コラム:老眼鏡の正しい選び方

眼鏡は、眼科で視力などの精密検査をしてもらい、処方箋に基づいて作るべき

「老眼鏡で大切なのは何をよく見るかを踏まえること。焦点距離で老眼鏡の度数は変わるからです。読書のためなら焦点距離は30cm前後ですが、パソコン画面をクリアに見たいなら50〜60cmでしょうし、スマホしか見ないというなら20cmを前提に作るべきです」

本来なら、読書用、パソコン用、スマホ用と3種類作り、使い分けるのが理想的かも。また、老眼は進行性なので、2年おきくらいに作り直す必要がある。

取材・文/井上健二 取材協力/平松類(二本松眼科病院副院長、医学博士)

初出『Tarzan』No.844・2022年10月21日発売

関連記事:

Share