• 豚とツナのキーマカレー|夏の栄養食レシピ
FOOD
2021.08.29

豚とツナのキーマカレー|夏の栄養食レシピ

豚とツナのキーマカレー レシピ

栄養素にもこだわった、夏の定番メニューのレシピを紹介。今回は健康維持に欠かせない5大栄養素(糖質・脂質・タンパク質・ビタミン・ミネラル)をカバーした、豚とツナのキーマカレー。

ツナ缶でタンパク質強化!

今回は、みんな大好きキーマカレー。ちょっと普通と違うのは、豚の挽き肉だけでなく、具にツナ缶を投入すること。肉と魚の共演で、タンパク質強化と鉄、銅、亜鉛などのミネラル強化が図れる。

さらなるポイントは、カレーには欠かせないニンニクの代わりにニンニクの茎を使うこと。ニンニクより手間いらずだけど、ニンニク同様栄養価が高く、含まれているアリシンという栄養素が豚肉のビタミンB1の吸収を促してくれる。

で、実食。かつお節の風味が香り立ち、どこか和のテイストで、もうスプーンが止まらない。

豚とツナのキーマカレーの作り方。

豚とツナのキーマカレー

【材料(1人分)】

  • ツナ油漬け缶…大さじ3
  • 豚赤身挽き肉…80g
  • トマト…1個
  • ニンニクの茎…4本
  • 生姜…親指大1/2片
  • 削り節…1パック(5g)
  • カレー粉…大さじ1
  • 塩…小さじ1/3
  • 胚芽ご飯…150g
  • 生姜(細切り)…好みで適量

【作り方】

  1. トマトはヘタを取ってざく切り、ニンニクの茎は小口切り、生姜はみじん切りにする。
  2. フライパンに油を切ったツナ、ニンニクの茎、生姜を入れ中火で炒める。香りが立ったら挽き肉、削り節、カレー粉、塩を加え、豚肉に火が通るまでさらに1分ほど炒める。
  3. ②にトマトを加え、水気がなくなるまで3分ほど煮詰める。器にご飯と②を盛り合わせ、好みで生姜を散らす。

取材・文/石飛カノ 撮影/小川朋央 料理製作・スタイリング・栄養監修/美才治真澄(管理栄養士)

初出『Tarzan』No.815・2021年7月21日発売

Special