• 公開:

バイクマシン&トレッドミルを使ったHIITの実践方法

Share

普段、ジムでバイクマシンやトレッドミルを使って有酸素運動に励んでいるみなさん! 筋トレやエクササイズの組み合わせだけがHIITではありません。お馴染みのマシンでチャレンジすることもできるんです。テクノジムジャパンのマスタートレーナー浅野友亮さんに教わった。

バイクマシンでシンプルにHIIT。

「バイクマシンやトレッドミルでのHIITなら、効率的な心肺機能の向上が見込めます。より適しているのはバイクマシン。適切な負荷設定がしやすく、いくら追い込んでも転倒のリスクがほぼないからです。負荷設定がシンプルなので、やり方さえわかれば自分流にアレンジできるのもメリット。

まずは5分程度、軽めのギアでペダルを回してウォーミングアップをしたら、いざ本番。ペダルの重さは有酸素運動をしているときよりも少し重め。仮に20段階にギアが調整できるものなら5〜8レベル重たいギア(10段階のものなら2〜4レベル)を選んでください。あとはシンプルに、全力で漕ぐ、レストを繰り返すだけです」(テクノジムジャパン トレーナー・浅野友亮さん)

バイクマシンの場合

可能ならランニングウォッチなどで心拍数を測定し、最大心拍数の90%を目指して行うのが理想。そうすることで、より効果が高まる。また、トレッドミルでも同じ要領でメニューを組むことができる。慣れるまでは転倒のリスクを考えて少しゆるめの速度から始めよう。

トレッドミルでも実践できる!

トレッドミルの場合

スピードの調整が必要なため、トレーニング時間、休憩時間が長めになっている。フォームを意識したい場合は、スピードを少し落として、傾斜をアップするといい。

取材・文/神津文人 監修/浅野友亮(テクノジムジャパン)

初出『Tarzan』No.807・2021年3月25日発売

Share